190117 Bridge

1月の営業は 20・25・26・27日です。2月も金土日曜日が営業です。

今日19日土曜日は三ツ星さんで三つ目、一番下の池を切っています。
でも僕はインフルエンザで寝ています。世の中では大流行とか言われていますが、普段、通勤で電車に乗る事もないですし、人混みに行くこともないので、正直ニュースも人ごと。予防注射もしたし、気をつけてはいたのですが。

愛用の手鉤に、ラケット用のグリップテープを買ってきて、もっと使い勝手が良いようにと持ち手の部分を改良して。もう何年も使っているのに、急に思いたってそんな事をしたらこのザマです。

いつも作業の前は、「行きたくないなぁ〜」などと言っていても、いざ、その場に立ち会えないとなると、とても寂しいというか、悔しい。自分が見ていない氷がそこにある。初めてだからね、こういうの。
まだ、動けないのが第一回目の作業前じゃなくて良かったです。そもそも今回で終わりではないし、とにかく今は謹慎します。

《追記》
三日月氷菓の池田君から「店主会の大将が倒れたから今回は全員戦力外、召集なしです。」とメールが来ました。三ツ星さんもそれが理由ではないでしょうが、いつもこちらに気をかけて下さいます。池田君もそういうメールをくれる心がある男です。感謝します。

三ツ星さんは、親方をはじめ70代の方がガンガンに氷を切って池の上をキビキビと動いています。お二人の息子さんのお仲間も40代と言えどもみんな学生の頃から来ているので、もうキャリア20年以上。僕がこの前インスタで「猫の手」と書きましたが、皆の名誉の為に補足すると、僕らが何人いても猫の手にしかならないくらい三ツ星さんは体制がしっかり整っているという事です。つまりは生半可な気持ちなら手伝いなんか来なくて良いよ、という事。
事実新しいところはまず呼ばれない。手伝い行ってると言えたら少しは格好つくかな…くらいでは現場には立たせてもらえない。日当をもらって、泊るところも用意してもらって、保険もかけていただいて。役に立たなかったらただの迷惑者。だからみんな一生懸命身体を動かす。その先の事は考えない。とにかく今この時ここにいることの意味の為に、頭の中身は全部委ねて、とにかく身体のみを動かす。
何年か通うと経験が積まれます。でもその経験は決して蔵元衆のそれには届くことはない。逆に慣れることによって気持ちが緩みます。そんな奴もいらない。経験を重ねても、毎年、初めての時のような前向きで謙虚な気持ちで氷に乗れ、という事です。一年に一度、圧倒的に小僧に戻る機会があるというのは貴重なこと。
そんな中、この時期インフルなんて、まちがいなく戦力外通告候補ナンバーワンです。
とにかく謹慎します。


家からは出られないし、家族がいる時は部屋からも出られない。みんながいなくなって居間でテレビでも見ようと思ったら、溜まった録画リストの中に自分では予約していないドラマがありました。こんな時じゃなかったら見ていなかったかもしれない。

カンテレ開局60周年特別ドラマ、「Bridge」を見ました。ドラマはもちろん素晴らしい。感動です。泣きます。なかでも焼き鳥屋の主人役で出ていた小市慢太郎さんが素敵すぎます。この方、昔から好きな俳優さんの一人でしたが、今回でもうLoveです。もちろん変な意味ではないです(笑)

昔の大河で長野業正という武将を演じられていて、それが彼を知った最初だと思います。小市さんも長野業正も印象に残りました。歴史が好きな方の僕でも当時は知らない武将でしたが、それがきっかけで好きになって居城見学にまで行きました。

「この店の借金返し終わったの去年や。ヒリヒリしながら銭勘定した事もあった。やっと終わった、ようやく済んだ。これで楽になったと思った矢先の…」

もう涙なくして見られません。こちとら借金終わってないどころか増えてるし。

「店、続けます!」「迷てたんや。でも迷うことなかった。あんたらの今のその顔、それが答えやった。」「おおきに!ほんまに…おおきに!」。

建設現場の方に小市さんが焼き鳥を振る舞った場面でのセリフです。この時の作業員の方にとって、食べた焼き鳥は格別に美味かったと思います。
主人の心からの感謝のせりふ。お客さまに心からこのセリフを言うには自分の中にちょっとでも邪念や迷いがあったら言えません。そういうのを飛び越えて、お客様からとびきりの思いを頂いて。そういう気持ちが己の中に入ってきた時にしか…
「心から言わせてくれや!」とこれはうちのお客さんに投げ返す(笑)

「人のためやったら手を抜ける。己ばかりは裏切れへん。自身にひたすら真面目たれ。」「いまだに訳がわからんわ」

自分もその場にいたかのように思わず笑いが出ました。引き込まれました。

何のために続けているのか?儲けるのが目的ならとっくにやめています。続けていく事に悩みを感じたらこのドラマを見ます。こんな職業をしているから共感した部分もあるのかと思います。インフルエンザで弱っているから余計に効いたのかもしれません。本当に良いドラマでした。

小市慢太郎さん。名優です。必ずしもいつも作品の芯にばかりいる役者さんではない。それでも、彼の存在が作品全体をワンランクもツーランクも押しあげる。そういうチカラのある方。存在として学びたい方。

その他にも井浦新さんの「早いんじゃない、早くしているんだ。」
そうだよ、そうだ。

松尾諭さんの「悔しいくらい丁寧や。こういう力は見えてなかった。」「いつか僕らの仕事掘り起こして妬む後輩おったらええな。ほんで、そいつらに言うたんねん。悔しいやろ言うて、ざまあみろ、言うたんねん。」
わかるやつおるやろか?

セリフ一つ一つに涙がこぼれて… やっぱり心が弱ってます。でもここは自分の記録用でもあるので。いつかここを読み返して初心に戻ります。いや、16年目でも初心を忘れないでいようと思っていた自分を思いかえして、更に初心を思い出す。

もうすぐ家族が帰ってくる時間なので私は隔離部屋に帰ります。

最後に、改めて犠牲となられた方々の御冥福をお祈りいたしますとともに、御遺族の皆様方に心よりお悔やみを申し上げます。

更新日時:2019-01-19 21:22:43

190109 13・14日(日祝)15・16・17日お休みです。

三ツ星氷室天然氷の採氷作業が始まります。13日~17日はお休みです。


1月の営業は金・土・日曜日。18・19・20・25・26・27日です。
いよいよ来週から天然氷の採氷作業が始まります。よほどのことがない限り、僕が留守でも上記の日程はお店はOPENしています。

ただ今のかき氷は「Wいちご」「白酒」「Apollo11」。

お食事は「かき氷屋さんの味噌煮込みうどん」。


自分の本を読み直しています。昔の事が思い出されてきます。思い出したくないことも思いだされます(笑)

2005年に鎌倉から今の鵠沼に移転してきた時は、先ず存在を知っていただかなくてはいけないので、とにかくいろいろなことをやりました。ランチも4種類くらいありました。お陰様で近くの公民館に集まる奥さま方にご利用いただいて結構賑やかでした。

そのうちランチのお客様だらけになって、まったく席が動かない、となりました。せっかく来ていただいたかき氷の方の席がない。いつあくかもわからない。
やがてその日はやってきます。お店はお客さまでいっぱいなのに、逆に一杯もかき氷が出ない…。
そこを境にランチを辞める決心をしました。そこからしばらくは本当に辛い日が続きましたが、今思えば正解だったと思います。

そんな経緯があっての今のお食事メニューです。自分でもなんで味噌煮込みうどんなのかよくわからない。それこそ、カレーもピラフもオムライスも、珍しいところでにゅう麺も。数あるメニューの中から残ったのが、ナポリタンとカレーうどんと味噌煮込みうどんです。決して味噌煮込みうどんがやりたかった訳ではありません。

昨年の秋に北海道に行った際に、北海道で一番最初にアイスクリームを製造したと言われているパーラーに行きました。冬の間の名物として、なんと鍋焼きうどんが。思わず頼んでしまいました。100年以上続く老舗がたどり着いたカタチと同じ。やっていたことは間違いなかったと、うどんを食べながら涙ぐむ(笑)
冷たいものの反対側で何をしたらよいのか。きっとこういう商いをする方はいろいろ悩んで試すのだと思います。誰かがやっているから、というより、いろいろ試した結果、それが残った。何をやるのが正解じゃなくて、それぞれのお店にとって、それがより正解に近かったと言う事でしょう。

さて、そんな味噌煮込みうどんですが、今年は例年よりも爆発しています。年末年始はかなりの待ち時間をいただく事になってしまいました。冒頭の文章に矛盾しますが、だいたい一巡はしたと思うので、今後は落ち着いてくると思われます。ご迷惑をお掛けした皆様にはお詫び申し上げます。

作り手として、お召し上がりいただく皆様から「美味しい」の一言をいただきたい、というのはごく普通の事です。そのためにやっている、と言っても過言ではない。そのための努力はしているつもりです。肉団子なんかどれだけ手間をかけて作っているか。何回も改良を繰り返して。しかも休みを返上して皆に集まってもらってまでして仕込んでいます。

今年は麺と味噌ダレも変えました。最初の頃はお手本を本場名古屋のものにしていましたが、お客さんの様子を見ながらだんだんとオリジナルに変えて、今年は更にいじりました。もう完全なる埜庵オリジナル味噌ダレ。これでダメでも「あとは知らん!」てなもんです。

味噌煮込みうどんに魂を込めて… ちがぁう!違う!

今、仕込みのほとんどを「味噌煮込みうどん」に費やしています。
と、そこまで頑張っているのに皆様から頂くお言葉は…。「いやぁ~、鍋焼き美味しかった」。電話を取ると「鍋焼きまだありますか?」。

だから、ちがぁう!違う。味噌煮込みうどんじゃ!

いや、ちがぁう!違うのはそこじゃない。わしゃかき氷屋じゃ!

かき氷は一杯ずつしか作れないし、削りには作り手の個性が出るので、僕は多店舗には向かないと思います。だからこれだけやってきても、大きくすることをしなかった。
でも味噌煮込みはオペレーションを均一化しやすい。こっちの方が多店舗とかできんじゃね。FCだって通販だって。うどんの方が…。

だから、ちがぁう!違う…ってば。しつこい(笑)

今年に関してはこのカタチを崩すことはないです。もうこれで行くしか方法はない。少なくとも、こんなに皆さんが喜んでくださっているので、待ち時間が長くなってしまうからといって、全くやめてしまうという訳にもいかない。とにかく一巡はしたので、この先の注文も待ち時間も少なくはなるでしょう。

何度も言います。勘違いしてはいけない。「美味しい」と言われるのは、こんな店で出している割には…と言う事を。専門店としてガチな評価をいただくなら、せいぜい「並」。コスパが他よりいいかも…くらい。
とは言いながら、これ以上を追求すると、もう、うどんを自分で打っていくしかない。これ以上ブラッシュアップするには、厨房の設備など、ハード面をいじらないと、もう無理。

このままかき氷屋のサイドメニューで行くのか。スピンオフして、皆の評価をガチで受けながらもうどん屋として独り立ちさせるのか… 皆さんにもお聞きしながら今後を考えていかなくてはいけません。さて、どうしたものか…。 かき氷かうどんか…。

考えるまでもない。それはもちろん答えは…

更新日時:2019-01-12 21:41:32

190104 あけましておめでとうございます…は氷が採れてから。

あけましておめでとうございます… インスタではご挨拶しておりますが、本当は氷が取れて本当の新しい年。まだお預け。とっておきます。こちらが公式。

5日6日は営業です。
その後は11・12・18・19・20・25・26・27日が営業です。13・14日は日祝日ですがお休みです。お気を付けください。
天然氷採氷作業が中旬以降で入ってきます。大雪などの天候不調も含め臨時休業をいただく場合もございます。お出かけ前はこちらのインフォメーションかインスタでご確認の上お運びいただきますようお願い申し上げます。

冬の人気氷「白酒」が始まります。5・6日の2日間の白酒は特別編です。旭川のhifumiさんから特別な酒粕を届けていただきました。上川大雪酒造さんの剥がしたての大吟醸のみの粕です。なかなか手に入るものではない。
と言いながら、今まで使ったことがない材料。アルコールの添加もない純粕。ちょっと手を動かしてみましたが、ものすごい上物。ただ、癖がないので、思ったよりもあっさり目に仕上がります。別添えの「レモネード蜜」も初めてなので、当然この組み合わせも初めてです。

うどんはお休みと言っていましたが、欠品中のうどんの手配がつきそうなので5・6日もやります。使用しているうどんは、フードコレクションにおいて最高位の「グランプリ」を受賞した品物。初めての鍋シーズンに読みが甘かったのか、欠品が続いています。土曜日は途中で終了もあります。日曜日は万が一トラブル等で入荷がなかったらお休みと言う事になってしまいます。ご了承ください。
今日は仕込みで一日中お店にいましたが、うどんの動向にかなり時間を割くことになってしまいました。本当に力の入れどころが違う…と自分でも思ってしまいます。
今回問屋さんに入荷分の約半数をいただいてしまいました。それでも数が十分とは言えないのでご来店時にもし売り切れだったら本当に申し訳ございません。


お正月はずっと家の中。視線の先は箱根駅伝のテレビとパソコンの間を行ったり来たり。12月〆の事務処理や〆の原稿が山のようですが、近年まれにみるレース展開に、ついつい関心はテレビの方が勝ってしまいます。あぁ…仕事が進まない。

お店があるのは3区8区。自宅があるのは4区7区。毎年勝負を決める大切な区間です。今年は激戦の結果、地元の東海大学が見事初優勝。湘南の暴れん坊にあやかって、今年も様々な挑戦をしていきたいと思います。皆様には変わらぬご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
と言いながらも、この二日間の陰には365分の363日の努力があっての事。あやかる前に見習いなさいと言う事でしょうか。

青山学院が5連覇を逃す、と言っても、もともと大学生は4年間で卒業していくので、連続して勝っていくというのは本当に大変なことと思います。
やはりお正月の風物詩であるアメフト日本一を決めるライスボール。僕が大学生の頃は学生の方が強い時代でしたが、近年はずっと社会人チームが勝っています。今年も社会人チームの圧勝で、試合終了後に関学の監督が「次元が違いすぎる」とコメントしていました。毎年優秀な学生と外国人選手を補強する企業チームと、毎年メンバーが入れ替わってフォーメーションを見直さなくてはいけない大学生チームとでは、やはり条件が違いすぎます。監督としては、心の底から思わず出てしまった言葉というところでしょう。

埜庵の学生チームもこの3月で5人が卒業します。みな4年間勤めて下さったエース。正直どうやってチームを作っていくか頭の痛いところもありますが、新しいスタッフも入ってきて一生懸命奮闘中です。その姿に日に日に不安が和らいでいくのを感じます。伸びしろがあるチームと言う事で将来は楽しみですが、至らぬ点がございましたら申し訳ございません。
今年もすでに2か所だけ催事の出店をお引き受けしています。今年はこれで終わり。またもや皆様のおチカラをお借りする機会が多くなると思いますが、宜しくお願い申し上げます。

更新日時:2019-01-09 22:04:01

1

更新日時:2019-01-09 22:04:22

埜庵 Kohori-Noan

営業時間 11:00 - 18:00
ラストオーダー17:00
(氷がなくなり次第終了)
定休日 月曜日 火曜日
(10月から3月は不定休)
電話番号 0466-33-2500

学生アルバイトさん募集中です。お電話かメールでご連絡下さい。

埜庵で使わせていただいている氷は、日光・三ツ星氷室さんの天然氷です。

ご応募、仕事の依頼等と合わせて、お店がお休みの時は kohorinoan2003@gmail.com にご連絡をお願いいたします。

埜庵には駐車場のご用意がございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。自転車の方は市営の駐輪場(100円)にお願いいたします。
公民館の駐車場には停めないようにお願い申し上げます。

ペット同伴でのご来店はお断り申し上げております。申し訳ございません。