181015 秘密兵器投入

10月のお休み
16日22日23日29日30日31日11月1日
11月以降は金・土・日曜日が営業です。月~木曜日は不定期に営業です。
11月からは営業日が変わります。お気をつけください。

ただ今のかき氷は「栗」。なんといっても「栗」。「栗」「みるく杏仁マロン」の2種類になります。

みるく杏仁マンゴー、みるく杏仁いちごもおススメです。

「チョコレートミルク」。チョコババロア、チョコピーナッツのトッピングがおススメです。

さいか屋さんの時のスタンプカードがあればご持参ください。スタンプ1つにつき100円引きにてご利用いただけます。


そして遂に登場。みんな大好き、というかもしかして埜庵で一番人気があるメニューかもしれない(笑)
「かき氷屋のナポリタン」。とりあえずは平日だけ。すみません。

更新日時:2018-10-16 05:59:01

裏埜庵

表埜庵(夏営業)の最終日は、台風の為、臨時休業という終わり方でした。埜庵らしい…
実は最終週は、結婚以来25年間風邪もひかないしお腹も壊したことがない晴子さんが、39度の熱を出して家で隔離されて寝ていました。典型的にお休みの日は家にいられないタイプの私も、臨時休業の日は珍しく疲れてずっと居間で横になっていました。2018年の夏最終日はこんな終わり方。あるいみ記憶に残ります(笑)


この2018年の夏シーズンを振り返って一番の嬉しい出来事を聞かれると… 
カープ優勝、3連覇…。
そっちかぃ(笑)

僕は、おこがましいですが、広島というチームをお手本にしています。大都会ではないローカルに本拠地を置き。巨人や阪神のように親会社を持たず、十分な資金援助もなく。せっかく育てた選手はFAで次々移籍。お金をかけた補強は出来ないから、しっかりとした練習で選手を育てていく。だから低迷するとちょっと長い。それでも必ずどこかで頂点をつかむように花を開かせ、我々ファンに希望を与え、夢を叶えてくれます。プロ野球のようなド派手な世界であっても、真面目にコツコツも報われる世の中であることを証明してくれます。

今年引退の新井さんは駒沢大学時代の本塁打は僅か2本。先に引退した黒田さんも高校時代は控えの投手。しかも3番手で公式試合では一球も投げていない。名プレーヤになったのは広島というチームで育てられたから。新井さんは阪神の2億から2000万で、黒田さんに至っては十何億というオファーを断って最後のチームに広島を選んでいる。そして自ら最後に選んだ球団で、2000本安打、200勝の大記録を打ち立てて、優勝を私たちファンに届けてくれました。最後は広島。

とかく選手に注目が当たりがちですが、広島はスカウトやスコアラーさんといった裏方さんを含めて全部がチームという感じがファンには伝わってきます。新井さんや黒田さんも、とにかく裏方さんへ感謝や努力を口にします。今、大活躍している選手の方々も、必ずしも学生時代の有名選手でもないし、スカウトが地道に発掘してきた人が多い。歴代多い。

人情もあります。今年の優勝の立役者のピッチャー大瀬良。広島の田村スカウトは、彼が注目される前の高校生の頃から大学卒業の5年間をずっと見守り続けて、自信をもって球団に1位指名を推薦します。しかしドラフトでは阪神・ヤクルトと3球団競合のくじ引きに。くじを引く華々しい役はたいてい球団の監督か代表。実際ヤクルトは小川監督、阪神は和田監督。ここで広島は、ずっと見守り続けた田村スカウトを大舞台に。いけ‼と言ったのは松田オーナーです。粋です。そして見事、幸運を引き当てます。涙を流しながら振り上げた力強い拳と震えた声は、またもやファンの涙を誘いました。申し訳ないが、他のお二人に比べて、大瀬良君への思いの大きさを神様もちゃんと見ていたと言う事でしょう。そして今年、エースの最多勝で優勝です。

高校を卒業したばかりの無名に近い選手をチームの生え抜きにしていく「育成力」が広島にはあります。強さの秘訣はファームにあるとも言えます。
そんな広島の水本2軍監督は、テスト生のドラフト外入団で、結局2年間で現役を引退しています。一軍での試合出場はありません。2軍と言えども監督は元超有名選手揃いです。阪神の掛布さん、中日の小笠原さん、オリックスの田口さん。プロ野球ファンなら知らない人はまずいない。かたや水本監督の名は広島ファンでも知らない。ブルペンキャッチャーを20年近く勤めたバリバリの現場の方です。

あるとき、ブルペンで当時の大エース北別府さんの球を受けた時、北別府さんは早々と練習を切り上げます。理由を尋ねると、補給の時のミットの音が気に食わない。もっと「バーン!」と鳴らして相手をいい気持ちで投げさせろ…と。「お前はその仕事しかできないから、その仕事をしている訳じゃないんだ、その仕事のプロなんだ」と諭されます。それ以来、自分の仕事の取り組みについて考え方が変わったとお話されています。
広島が長きにわたってと投手力のチームであることに、この方の力があることは間違いないことです。そして2軍監督になった2016年。ここ2軍から巣立った若い選手の活躍で、広島は25年ぶりの優勝をします。そして今年球団史上初のセントラルリーグ3連覇。


物事は続いていきます。何が正解なのかはわかりません。うまくいった結果でも理由は所詮後付けです。その時自分はどう考えてそうしたのか。その人は、何を大事にする人なのか。どういう方と一緒に仕事をして、自分たちをどこに運んでいけばいいのか。最後は人…とは一番難しい。
一時的な退化も進化の一過程。心は進歩。

全く関係ない話で夏を〆ます。埜庵らしい。でも、もう見ている人しか見ていない…これでいい(笑)

広島は好きですが、それ以上に埜庵の事は好きです。そしてそんな埜庵の事を思ってくださる人の事を私は大好きです。
いよいよ「裏埜庵」スタートです。といいながら、気張らずゆっくり動かします。

更新日時:2018-10-15 21:45:03

僕的最強プリンは河口湖タビリオン

なぁつのおぉわぁりぃ~ なぁつのおぉわぁりぃ~にぃわぁ~♪

先週、山梨県庁で「育水の日」のイベントでかき氷を削るという大役をいただきました。県知事や何とか協会会長みたいな方が沢山出席されています。なんかたいそうなイベントらしい。

突然ですが、地球上に存在する水のうちで、人間がすぐに使える水の割合は何パーセントでしょう?
答えは0.1~0.2%だそうです。そんな貴重な資源である水についてもう少し考えてみましょう、と山梨県が独自に制定した日だそうです。
第2部は、ご当地アイドルやタレントさんもやってくる楽しいイベントです。お子様連れにはもってこい…のはずだった…
でも、雨です。大雨です。

「育水にとって雨は大事。今日にふさわしい天気かもしれません。」ウマいことをいう。座布団3枚。でも、かき氷にとっては最悪です。
ちょっと前の横浜高島屋さんの時は、結構なお値段にもかかわらず、沢山の方が並んでまでも召し上がってくれたのに、今日は無料なのに誰も食べてくれない。そんなものです。改めてかき氷の怖さを実感。晴れて暖かかったら凄いことになったのになぁ…と恨めしく空を眺めます。
途中で雨がやんでくれたので何とか予定の数を配り終わって家路につきました。幸いに召し上がっていただいた方の評判はとてもよかったらしく、主催者さんも後援者さんもとても喜んでくださいました。めでたしめでたし。

これで今年の請負仕事は全部おしまい。この後はなんも公式の予定が入っていない。それで冒頭の森山直太朗さんです。帰りの車の中で「夏の終わり」がガンガンかかります。
これで本当に夏は終わり。夏をいつまでも引きずらない。この後は裏埜庵営業に向けてお店を切り替えていきます。皆さま宜しく。

そして自分へのご褒美。河口湖「タビリオン」のプリン。カフェのプリンとしては僕的にNO1。車じゃないといけないのが難点ですが、「どうしてこんな場所に…」という大人の空間です。行けば必ず好きになる。本当は教えたくないのですが、これからはオフシーズン。週末ドライブには絶好です。

更新日時:2018-10-15 21:46:59

1

更新日時:2018-10-15 21:45:35

埜庵 Kohori-Noan

営業時間 11:00 - 18:00
ラストオーダー17:00
(氷がなくなり次第終了)
定休日 月曜日 火曜日
(10月から3月は不定休)
電話番号 0466-33-2500

学生アルバイトさん募集中です。お電話かメールでご連絡下さい。

埜庵で使わせていただいている氷は、日光・三ツ星氷室さんの天然氷です。

ご応募、仕事の依頼等と合わせて、お店がお休みの時は kohorinoan2003@gmail.com にご連絡をお願いいたします。

埜庵には駐車場のご用意がございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。自転車の方は市営の駐輪場(100円)にお願いいたします。
公民館の駐車場には停めないようにお願い申し上げます。

ペット同伴でのご来店はお断り申し上げております。申し訳ございません。