210221 最新のご案内

いつもご利用いただき誠にありがとうございます。

ただいま設備改修工事中につき3月19日までおやすみをいただいております。
ご不便をおかけして誠に申し訳ございません。

今後の予定がわかり次第改めてご連絡させていただきます。最新情報はインスタにて。



コロナの1日の死者数が過去最高を更新。
特措法改正で、命令に従わない飲食店に過料を科す事が決定。
コロナ接触確認アプリcocoaが稼働していませんでした。
オリンピックはやります。

小田急の催事中、世の中との接点はスマホに流れてくるタイムラインだけでした。
そんなある日の見出しがこんな感じ。これ同じ日に流れてくる内容ですかね。

この事一つとってもこの国の方向性が全く見えません。世の中の人が自分の行動をどうすべきなのかは周りからの情報に左右されます。そこに個人差が出てくる事はもはや当たり前の事だと思います。

因みにこのニュースが流れて来た日の売上が会期中一番でした。
皆さ〜ん緊急事態宣言出てますよ〜。


私自身は初めから「あまり大騒ぎすると後が詰まるぞ」と思っていたので世の中の動きは少し斜めから眺めています。必要な支援は大事だけどバラ撒きはいらないと思っています。
でも、特措法改正で命令に従わない飲食店などには店名公表や過料を科す、などと言われると「そりゃ順序が逆だろう」と矛盾にやりきれない思いでいっぱいです。

頭にくるからもう深夜営業でもしてやろうかとも思いますが個人と会社は別です。これまでもこれからも要請に沿って、コロナ感染拡大防止には最大限の努力をして営業していきます。

今回の小田急百貨店さんの感染拡大防止の取り組みについては、SNS等を見る限り皆様からは好意的なご意見が多いように思います。とても安堵しております。

今回、テーブルに塩ビで木目調のシートを貼りましたが、あれも消毒作業をしやすくする為で、別にインスタユーザーを意識してではないです(それもあるけど笑)、皆さんの安全のためです。アクリル板だって今回のために全部一から作っていますから、とにかく対策に関しては、小田急さんにはどこよりもコストをかけていただいております。

とは言いながらもやはり費用はかかるので、後は他の百貨店さんの催事などを参考にしながら、帰着点を見つけていく事になると思います。どちらにしてもこれだけ費用をかけているので、アクリル板だけ見ても一回こっきりとはいきません。もう一度二度は使わないと。

さて、毎度の事で話が長くて恐縮ですが、ここからが本番。

今回の催事の感染対策で一番評価されるべき点は皆様のご協力だと思います。これはいくら費用をかけたからといって出来るものでもありません。

お一人様でサクッと食べて帰る方が全体の7割ほど。おかげ様でお席の回転もよく、行列も開店時以外は長くならず、全体の滞在時間を短縮する事が出来ました。
その分削り人は大変でしたが笑

お客様の中には「あの点が気に入らない」「ここは直すべき」という様に個々のご意見をお持ちの方もおられると思います。もちろんいくつかの改善すべき点がある事は存じております。それでも、全体としては運営中に大きなトラブルもなく終了する事が出来、とても安堵しております。
この難しい状況下において、イートインのスタンダードラインをどこに置いたら良いのか。今後の基準として、自分たちの役割はしっかりと果たせたと思っております。

アンチ埜庵の方のものも含めて、個々の厳しいご意見は今後の改善すべき点として承っておきます。是非今後も見守って下さればと思います。より良い運営を目指していきます。
今後もお客様にはより安全に便利に楽しく、百貨店様には経済的な効果を感じていただけるように、継続して開催出来るカタチを模索して参ります。

イートインで運営すると、会場が回らないと整理券、ネット予約となってしまいます。そうなると今回の規模以上で運営するのはとても困難です。少なくとも埜庵ではお受けしかねます。
お客様においても、自分の都合に合わせてとか、ちょっと時間ができたから、会社帰りにサクッと、というのは難しくなります。

今回の催しで、お客様に30分以上行列の中で過ごしていただいた割合は全運営時間133時間中で1割ちょっとです。殆どの場面で、パッときて20分以内でお席にご案内出来ています。この待ち時間を長いと感じるか短いと思うか、感じ方は人それぞれです。もし短いと感じていただけたなら、それは私どもの努力より、皆様のご協力でそうなった部分が多いです。

イートインを行列でご案内するのは、運営側にもお客様にもデメリット以上のメリットが存在します。でも普段ならともかく、今はコロナが全ての事を阻んでいます。
具体的には2日間自分の理想でご案内出来なかった場面がありました。それはそのまま夏の状況を表すので、今後の改善点とします。
暖かくなってくるとお客様の人数が更に増えるので、待ち時間の基準を今回よりも少し長めに設定せざるを得ません。
暖かくなるにつれて、今よりもこのコロナの状況が改善されていることを心より祈ります。

それぞれの百貨店のそれぞれの催事にそれぞれの運営方法があります。器の中身も運営の方法も、皆様にとって一番有用なのは選択肢が複数存在するという事のはずです。今のところ埜庵の出店は今回と同じご案内の方法を考えております。

今回の一番の成功であり収穫は、売上とかではなく、真冬に、このような緊急事態宣言の中にあっても十分に今回のようなカタチで開催が可能だという事が立証出来た事です。

そして、この次を考える事が出来るカタチで今回の試みを終える事が出来た事をとても安堵しております。皆様のご協力を今一度感謝申し上げます。

改めまして、
本当に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

更新日時:2021-03-03 14:26:41

210213 催事の最中に今思う事

今日も長いです笑

ありがたい事です。毎日沢山のお客様です。まだ真冬だと言うのにビックリです。昔からの馴染みのお客さんと話をしながら時代が変わっているのを互いに実感しています。

埜庵の事で言うなら本当に苦しい時を支えてくださった多くの皆様のおかげです。

と褒めたところで…

ちょうど僕がお店を始めた十何年前はネットの立ち上がりの時期で、皆さんがこぞってブログなどを始めた頃です。

その頃から大量発生したグルメライターみたいな方にああじゃねぇこうじやねぁとこねくり回された歴はかき氷屋では一番長いと思います。

みんなが必ずといって良いほど書いていたのは、「かき氷だけに回転は早く…」。
かき氷だと回転早いのかよ。少しでも早くご案内する為にこっちがどんだけ苦労してると思ってんねん!
あっちの店は大行列。こっちの店は何分待ち。埜庵は空いてました。一生懸命やって最大級の過小評価。
言ってたでしょ。あなたもあなたもあなたもだぁ!今、重鎮のような顔しているかたも昔はぜ〜んいんそんな感じでした。

でもそうやって鍛えていただいたおかげで、今こうやって催事に出させて頂いても滞りなく皆様をご案内出来るノウハウも出来ました。
催事は経験に基づいた独自のノウハウを持たないと絶対に成功しません。成功のカギはまず己の実力を正確に把握することです。

行列は、人気があれば長く作れるけど、技量がないと短くは出来ない。

まあこんな感じでいじったり出来るのも長い付き合いがあるからで、感謝しているのは本当です。最大級の賛辞です。

そんな感謝しかない方々が時として催事で最大級の惨事を引き起こします。


今回の催事の頭で「アレンジはやらん!」と言ったアレです。自分の好きな形にアレンジしたいお気持ちは重々わかる。わかった上で言えば、あのコメントの後パタっと止まってお席へのご案内が格段に早くなりました。何回も通って下さる皆さんにはお分かりいただける事と思います。

料理を作る者にとって、いつもと違う厨房で調理をすると言うのは思っている以上にストレスです。しかも簡易厨房のような所で何百人と言うお客様のお相手をしなくてはいけないならなおさら。しかも材料の欠品を気にしながら。イレギュラーなことはできる限り排除したい。
埜庵はともかく、まだ経験の浅い方には並々ならぬ重鎮の方々になかなかご意見は申し上げられないですよね。怖いし。
ましてや一生懸命やっているのに、「埜庵はやってくれたのに」などと言われたら可哀想。
「埜庵はやってくれなかったのに」「埜庵もやってくれなかったけど」なら後に続く人はどちらを選んでも傷つかない。催事はあくまで催事です。

ずっとこちら側で仕事をしていて思うのは今年の冬はいつもと違うという事です。
今までもずっと冬にかき氷を食べる人の数は増えていました。でもそれはお店と食べる人の関係だけです。たとえるならそこに投資をしてくれる人が増えてきたと言うのが今年です。今までも単発ではありました。でも今冬は来年以降の計画に組み込まれるかどうかの分かれ目の年です。今年の終わりから来年の頭にかけての冬のイベントに、計画として練り込まれるかどうかはまさにこの冬の実績次第です。皆さんの今後の冬のかき氷ライフを充実させるためのまさに分かれ目の時です。

まだまだ先のわからない世の中にあって、お店とは違うマーケットを得ることはかき氷屋を営む者たちにとってはとても有用な事です。

百貨店の催事というマーケットは一応定着してきました。百貨店にとってもかき氷は大事なアイテムとなりつつあります。でも真冬のマーケットはまだ定着ではない。その分かれ目はまさに今。

僕らはなんだかんだ言っても殺傷与奪権は主催者に握られています。上手くいかなきゃ次はありません。でも数字が残っていれば出店する店は変わってもそのイベントは残ります。

かつて埜庵が呼ばれていた催事も、私があまり面倒くさい事を言うからか呼ばれなくなってしまいました。でも催事は残っています。そこには結局誰かがハマる。
今までやっていなかった百貨店も始めるようになる。そうやって冬のかき氷のマーケットが広がる。私も少しは貢献していると思っています。

そしてもっと言ってしまえば、夏のかき氷と違い、冬のかき氷はまだまだ限られた人達で構成されていると言っても過言ではない。クローズドマーケットです。
売上はお店の実力でも百貨店の集客力でもなく限られたお客様の行動次第。皆さんが決めていると言えます。つまりマーケットを支配しているのは実は皆さまという事です。


マイボトルのことについて書きました。特定の方について書いたわけではないです。傷つく方がいたなら申し訳なく思います。個人的にはそこまで悪い事だとも思っていません。

行為自体が良い悪いではなく、そう言うことが議題に上がるようになったと言うことがまず凄い。だって今までは冬のかき氷催事がなかったっから、そういう事例について考える必要がなかった。
そしてそのマイボトルの持ち込みの良し悪しも、一般的な常識とは別に、かき氷の催事の中のみでは新しい常識として変わっていく可能性があるということです。マーケットの支配者は皆さまですから。

少なくとも、埜庵が来年小田急さんに呼ばれたら事前の話し合いの中に検討項目として入れます。でもその前にもう常識が変わっているかもしれませんね。今はそれくらい動きが早い。

あー、長すぎて億劫ですね。もうやめましょう。

要は、今は冬のかき氷が新しい時代に動いていく過渡期だから、長い間食べてる人ほど業界を育てて下さいって話です。どう考えたって臨時の場所でお店と同じことは出来っこないでしょ。
どの世界でも投資をしてくださる方は大事です。召し上げって下さる方もお客様。お仕事をくださる方もお客様。みんなが良しでこの後の未来がもっと良いものに変わります。


今、小田急さんに来て頂いているお客さんの殆どは自分で作ったお客様ではないと認識しています。芸人の世界に例えれば僕は第何世代になるのかわかりませんが、僕よりもっと後の世代の方が作ったかき氷のマーケットに私が入ってきた結果だと思っています。
時代はもう僕の世代からは変わっています。
業界にそれなりには投資をしてきたつもりではあるので、おじさんはしっかりと回収させていただいて帰ります。

そしてまた新宿には帰ってきます。

この後埜庵は二週間謹慎します。

更新日時:2021-02-14 07:29:14

210129 さああ!おだきゅう。

2月1日から14日迄の間は新宿小田急百貨店11階催事場ショコラショコラに出店します。
営業時間は10時から19時30分。ラストオーダーは18時30分(その日の混み具合で前倒しの場合があります)。14日最終日も時間は変わりませんが5日のみ棚卸しの関係で全館オープン時間が11時に繰り下がります。お気をつけ下さい。

出来る限りおひとり様でのご来店をお願いしています。

かき氷のラインナップはこのインフォメーションの一番下のコラムに表記あります。

インスタに感染予防対策についての取り組みと皆様へのお願いを載せています。ご一読ください。

館内へは入り口に検温機と消毒用アルコールを用意しておりますが、全ての出入り口にあるわけではないので、今回はイートイン会場入り口にも専用のものを設置しています。37.5度を超える方についてはご入場をお控えいただく場合がございます。

最初に食券をお買い求め頂きましたのちお席にご案内いたします。

今回は会場を壁際にカウンター形式の客席を作り、できる限りのスペースをとった上で隣席との間にはアクリル板仕切りを設けております。

個食、黙食が推奨されておりますが、場合に応じてはグループの方でも一人ずつ離れた席にご案内させていただく場合もございますので予めご了承ください。

お席で食券を回収したのち、かき氷は係のものがお運びいたします。

今回はやはりコロナ蔓延防止目的のため、食器類はワンウェイの使い捨てプラカップを使用します。
最後の打ち合わせでスプーンもプラのものを使う事になりました。お席に運ぶトレーのみ共用になりますが、その都度アルコール消毒を施します。

同様にお客様がお席を立たれた後はテーブル、椅子等もアルコールにて消毒致します。

あたり前の事ですが会場内、行列にお並びいただく場合はマスク着用をお願いして参ります。鼻までしっかりと覆って下さい。お席におかれましてもお食事の時以外はマスクの着用をなるべくお願い申し上げます。

その他、周りの方が不安に思うような行動、行為につきましては個別にお声をかけさせて頂く場合がございます。

毎日6種類のかき氷をご用意しておりますが、夕方等、明らかに会社帰りの方で行列が長くなって来た場合など、特に17時半以降などは一人2杯の制限をかけていく場合もございます。あらかじめご了承ください。

また今回は行列時の混雑緩和をする意味で、小田急さんでは代表待ちを推進しています。確かにこの状況で全員で並んで頂いてわざわざ密な状況を作る必要はないと思います。ただ、お友達同士でご来店いただき一人を残してお買い物を楽しむというのと、一人が先に来て後から合流するというのはちょっと意味合いが違うように思います。あまり厳しい事を言うつもりはありませんがなるべく周りの方へのご配慮をお願いいたします。

緊急事態宣言の中でもあります。ガイドラインに沿って開催させていただきます。
後は皆様のご協力をいただくことでより安全安心に運営出来ます。何卒宜しくお願い致します。
お席が一人席中心なので、なるべく大人数でのご来場はお控えいただけると助かります。
お席の配置上、また行列時も含めた滞在時間の短縮も考慮して、グループの場合でも別々のお席にご案内となってしまう場合もございますのでご了承ください。

最後に当たり前のことですが、チョコレートをお買い求めの際は小田急百貨店さんでお願いいたします。

更新日時:2021-02-04 22:02:19

210127 天然氷の話

映画やドラマのエンドロールでいうなら一番の最初に紹介されるのはその作品の主役。その次がヒロイン。そして一番最後は作品を通して一番重きを置く俳優さんとなります。銀行ドラマなら堺雅人さん上戸彩さん、そして香川照之さん。

かき氷の世界で言うとずっと天然氷がTOPに取り上げられる事が多かった。例えば埜庵が取材を受けると、天然氷を使って…と紹介されるのが常でした。長い間、主役は天然氷。

でも、天然氷だから美味しい、では本当はダメ。差別化が天然氷だけでは一度食べて終わりです。あくまで美味しいのは埜庵のかき氷。その理由の一つが天然氷でないといけない。そこをわかっていないと使う事で不幸にもなります。

今はお客様を喜ばす沢山の方法があります。エスプーマなどの新しい技法やケーキ型など新しい提案。キャラクターやトッピングでインスタ映えするかき氷。そのお客様にあったかき氷の楽しみ方が増えて、天然氷であるかどうかは昔のように絶対的な存在ではなくなりました。

先程のドラマのエンドロールで言えば最初ではなく最後。もしくは友情出演で真ん中。場合によっては呼ばれない。格落ちではなく役どころが変わったというところでしょう。

でも、かき氷にとってそれはとても良い事です。僕ら天然氷組にとっても歓迎するところ。

天然氷だから美味しい。天然氷だから頭がキーンとこない。天然氷だから食べても寒くならない。これら全部の迷信が解け、使う側のメリットも昔より少なくもなったでしょう。使うほうも食べるほうも離れていく方が増えてきた中で、そんな中でも埜庵は天然氷。
ハッキリ言って、使う側は余程のことがないと使い切れないし、全数を天然氷で賄うというのにはそれなりの覚悟が必要です。

その天然氷、昨年は稀に見る暖冬で本当に採れない年でした。天然氷以外で
そして今年は何年かぶりに良い氷が出来ているのに、コロナで採氷に参加できていません。
どんなに覚悟をしても思いを寄せても叶わぬものは叶わない。
この2年間で今まで普通だと思っていたこと自体が全部特別なことであると知りました。

さて、ここまで引っ張って…
今回の小田急百貨店。三ツ星天然氷をこの催事のためにとっておきました。出来るかどうか分からない中で。それでも、もしやらせていただけるなら、普段鵠沼海岸まで来られない方に埜庵本来のカタチでお届けしたかった。だから大事にとっておきました。

今も三ツ星の採氷作業は続いています。今年は作業に出られない分、三ツ星天然氷の事をもっと知っていただくことに力を注ぎます。それも僕らの大事な役目だから。


違いはありますか?と良く聞かれます。答えるならYESです。物質としての成り立ちが違うのだからそもそも同じではずはないでしょう。
でもその違いは味という一面にだけ現れるものでもありません。そもそも味は引き出すもので評価はいつの世も食べた側が決めることだから。

だからいつの世も食べる人によって、わかると言う人とわからないという人がいます。普通の氷ならばまず話題にならない事です。違いは氷かもしれないし氷ではないのかもしれません。

だから僕らも大事で大切な天然氷ですが、特別なものとしては扱いません。普通のものとして使い倒します。
先程も言ったように、結果として求められるものが味だけならば、こちらでは決めようがないし、一つの価値観に引っ張られるような仕事はしません。
自分達がちゃんとその氷を使いこなせているかどうかを大事にします。自分たちがちゃんと扱えているならそれで良い。

かき氷の素材としてみれば天然氷は純氷よりも難しいと言われています。確かに蔵元や採れた年や順番でも質感は変わります。でもずっと触っているからそこはわかります。
それよりも僕らは天然氷に慣れきってしまっていたので残念ながら純氷の使い方に慣れていない。昨シーズンは本当に四苦八苦でした。結局、試行錯誤で自分達のものに最後までできませんでした。難しかった。
だからこの小田急を天然氷で削れるのは本当に良かった。悩む事なくいつものパフォーマンスで出来ます。

たとえそれをダメだと言われても僕たちにはこの表現方法しかありませんし、ずっとやってきたことを世間の評価が変わったからと言って今更どうこうしようと思いません。
全ては埜庵の後から追いかけてきたことですから。
わかっていただける方を大事にするだけです。

そんなことより気を付けなくてはいけないのは自分の足元です。
ほんとどうなるのでしょう。
あと5日。


更新日時:2021-02-15 18:44:55

埜庵 Kohori-Noan

営業時間 11:00 - 18:00
ラストオーダー16:00
(氷がなくなり次第終了)
定休日 不定休
雨天時等臨時休業あり
電話番号 0466-33-2500
繁忙時は電話に出られない時もあります。

kohori_noan Instagram

埜庵の氷は日光三ツ星氷室天然氷を使用しています。

お店がお休みの間の、仕事、取材のご依頼等は、kishiduki3214@gmail.com
までご連絡をお願いいたします。折り返しご連絡させていただきます。

駐車場のご用意はありません。付近のコインパーキングをご利用ください。
公民館の駐車場は絶対にご利用にならないようお願い申し上げます。

ペットご同伴でのご入場はお断りしています。申し訳ございません。