200402 4日土曜日営業します。その後の四月の予定

4日土曜日営業します。
営業時間を短縮して11時開店17時閉店です。

その後の営業日
10日金曜日、12日日曜日、15日水曜日、17日金曜日、19日日曜日、22日水曜日、
25日土曜日てす。営業時間は上記同様11時開店17時閉店です。
閉店後にいつもの掃除に加えて除菌作業を行う関係と、自分達の健康確認の為に営業日が連続しないようにしております。ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。
国からの要請や天気等で突然の変更もございます。急ぎのご案内はインスタになります。フォローお願いいたします。



飲食店の衛生意識が今以上に高かった時がないので、後は私たちとお客様がしっかりと健康の管理をすれば、安全の範囲は広がります。
と前回は言いましたが、今はひとりひとりがご自身の健康をしっかりと保つ事が一番大事。無用な外出は避けるのが賢明だと思います。

「じゃ、やらなきゃいいじゃん」という意見もあるでしょうが、すんげぇ〜自粛しすぎたので、このコロナ禍の中でまともに営業をしておりません。今後の指針がまったく取れておりませんので、4日は強制力がかからない限り時間を短縮して営業させて頂きます。

少しでも売り上げを…というのが目的ではないので、お客様が多数で安全へのコントロールが難しいと判断した場合は営業を打ち切る場合もございます。何卒ご了承下さい。

4日以降の営業につきましては自粛の要請や世間の状況次第で、また休業の場合もあります。お出かけ前にインスタにて状況のご確認をお願いいたします。

埜庵行かないと潰れちゃ困るから…と気を使ってくださる必要はないです。もう手遅れです(笑)
一日くらい売り上げが良くても抜本的解決にはならないので、お出かけにはくれぐれもご無理をなさらないように。リアルな状況を把握するのが目的です。
今後、無理をお願いしなくてはいけない時が必ず出て来ます。その時に宜しく。

僕が住んでいるのは神奈川の西の端の方に近いので、都会のような密な状況にはなりません。家族で働いているので、お店をお休みにしてみんなで家にいれば感染のリスクは本当に少ない。せいぜい気をつけるのはスーパーに買い物に行く時くらいです。

散歩に出たって、裏山の蜜柑畑でも歩いている分には誰とも出会わない。
移動だってクルマだけ。
そもそも都会と郊外と地方では、感染リスクが全く違います。良く言われているように、正しく怖がることは大切。
自分自身がコロナから身を守ると考えた時は、お店を開けなければ一番安全な事です。

それでも、ひと月自粛して出た対策が布マスク2枚ではもう休んでばかりもいられない。
これ本当なの(笑)
散々デマに惑わされないように、と言っておきながら…
しかも発表が4月1日って…。これ以上の人心の混乱がある?
フェイクニュースの方がもっと信じられる嘘をつく。

何十年後かの歴史の入試問題に、当時の政権がとった対策は?
a マスク2枚 b 現金給付
だったら正解率はどうだろう。東大生でも間違える。
今回の政策への評価は歴史に委ねよう(笑)

トランプが「僕たちには信頼関係があるから、安倍はきっと僕にもマスクを送ってくれると思う」とツイートしたら日本株売られまくりですよ。
このリーダーシップでは、国同士の叩きあいなら武力でも経済でもとっくに占領されています。ウィルスの方がいっぺんに攻めて来ないだけ優しいと勘違いしてしまいます(笑)

不謹慎な発言があったことをお詫びします…。

笑ってるけど、めちゃくちゃ怒ってるんですよ。ずっと協力して、ずっと休んで、お店だってものすごく苦しい思いして…それでこれですよ。さんざん、最初に言うこと聞いた人からバカを見ることになりがち…って言ってきましたが、予想を遥かに超えていたか。休んだことを間違いとは思わないが、埜庵のリーダーとしては判断を間違ったようです。

この先この事態がいつまで続くのかもわかりませんし、「不要の〜」と言われ続けてきましたが、本当に必要としてくださる方に、よりマスクの少ない…いやリスクの少ない、より安心して頂ける営業の方法を早急に探して行かないといけません。

かと言って感情的に動いてもしょうがない。お店を最低限でも動かして行くと決めた以上、自分自身が感染するというのが一番周りに迷惑をかける事。お客様に迷惑をかけない。スタッフに迷惑をかけない。家族に迷惑をかけない。
先ずは自分が注意して生活をすること。そこがお店を動かす第一歩だと肝に銘じています。

だから出歩くのも控えて家にいて、食べちゃて、太ってます。皆さんを思っての体重増加です。
これ見て来て、俺見て、ニヤニヤすんじゃねぇ。顔見りゃ、此処読んでる人かどうかがわかる(笑)

すり減るココロと増える脂肪。ご指摘禁止!

更新日時:2020-04-03 10:33:52

200331 4月2日営業のお知らせ

4月2日営業させていただきます。その日以外は未定です。
営業時間は12時から17時(LO16:30)です。
電車の混雑の時間にかからないように営業時間を短縮させていただきます。

Wいちご、さくら、ハルノヒ、りんご&キウイ、抹茶金時、ほか定番かき氷。
今年はお店での営業時に使う氷は全て純氷です。
お店の営業情報はインスタで。フォローお願いいたします。


コロナ対策と言ったって、入り口に消毒液を置くのがいつもと違うだけで、お客様が帰った後にアルコールでテーブルや番号カード拭いたり、お金触る人と作る人を分けたりはいつもと同じ。
普段はセルフで常備しているおしぼりをお盆に置かせていただくくらいですかね。
瞬間的にはノロの方が怖い。同じウィルス感染なので、対策としては基本的にはいつも通りです。

席だって全部テーブルですし、基本相席は無いので、お客様がグループで来なければキツキツにはなりません。そこは考えてください。自衛してください。
窓は、換気しなくてはいけないから室内はいつもより気温が低い。少し寒いけどかもしれません。一枚羽織るものをご持参ください。そこも自衛でお願いするしかない。

これだけ沢山の飲食店が衛生管理に努めているのだから、飲食店の衛生環境は今が過去最高に安全なはず。
後は自分たちとお客様とが体調管理に注意をすれば、防げる範囲は広がります。そもそもコロナやノロといったウィルスについては、お店側の管理だけで防ぐのは不可能です。お客様にもご協力いただくしか防ぐ方法はありません。何卒ご協力をお願い申し上げます。

コロナの話からは少しそれますが…

昔から、卒業生も含め埜庵のスタッフには言い続けている事です。
かき氷は非加熱食品なので、そもそもが他より気をつけなくてはいけない項目が多い食品です。
百貨店の催事等では、1000人超の大人数のお客様をご案内します。商い自身がリスクの塊なので、緊張感を持って営業しています。催事も回を重ねているので、安全管理のために開発した食材や、時間をかけて積み重ねて来たノウハウもあります。それらを生かして店舗営業に還元しています。スタッフの健康調査や保険の管理も個人の店としては、整えている方だと思います。

それでも安全かと言われれば、防ぎきれないものはあります。食中毒などの内側から発生するものについては封じ込んでも、ノロや今回のコロナといった外から持ち込まれるウィルス等については、こちら側の管理だけでは防ぎきれません。
そこに危険はある。なので、普段より、より注意して備えるという姿勢でおります。

昨今、他のお店に行くと「こんな方法もあるんだなぁ」とそれぞれの工夫の方法に勉強になる事が多い。HACCP義務化も直近に迫っています。コロナで亡くなられた方のニュースを聞くたびに、我々の仕事の先には人の命がある、ということを改めて考えます。

話を戻します。

ここから先、ウィルスを封じ込むには、他の国の様に完全封鎖などの措置を取らない限り無理だと思います。先のインフォメーションでも書いた通り、「後のことは何とかするからとりあえず休め」と言ってくれればその方が丸く収まると個人的には思います。時間をかけるとよりコストがかさむだけ。お金を配らなくてもいろいろ方法はあると思うが…。

出来なければ、蔓延防止ではなく、より感染が広まりにくいようにという方針に変えなくてはいけない。
この先、個々には良くなる企業もあるのでしょうが、ほとんどの経済活動は停滞して、私たちの飲食サービス業は壊滅的に影響を受けるでしょう。
その中でも生きていくには、最低限の経済活動は続けて行かなくてはいけません。立場が違えば考え方も違ってくるのでしょうが、各々が自衛策を持たなくてはやっていけない。生きていけない。
コロナから身を守るというなら、自分から動かなければいくらでも自衛できます。外に出ないで人との接触を自ら避ければ感染のリスクはかなり減ります。
コロナと闘いながら、自らの生活を維持していく、というのとはまた違う話です。もうだいぶ先から休んで協力はしてきたつもりですが事態が一向に良い方に向かいません。埜庵でも他の飲食店様同様、衛生管理に気を付けながら営業の方策を探っていきます。残念です。

営業にあたっては、我々も健康管理に気を付けて細心の注意をもって臨みますが、皆様におかれましても更なるご協力をお願いしたいと思います。
最後はお客さまとの相互の信頼関係。私はその点は全く心配しておりません。

でも、ダメならまた閉めます。

更新日時:2020-04-01 23:27:52

200330 4月からの営業につきまして…わからん

またこの時期に余計なこと言うと怒られるけど…

僕個人としては最初から、余り大袈裟に騒がない方が…と思っていた方です。
でも、この先多方面で影響が出てくるのは必至だと思いましたし、早期収束こそが一番大事という認識でした。だから一番最初に行動の自粛要請があった時から、ほぼお店を休んで微力ながら蔓延防止に努めています。

それでも、休んでいるこの1か月の間、ずっと心の中で引っかかり続けている事があります。

この何日間かでも、不要不急と言う言葉が今までにもまして頭の上を飛び交っています。不要不急の内容を問う報道も目にします。「言わなくてもわかんだろ!」で済まそうとする雰囲気もあります。
要するに、皆の共通の認識として、飲食や娯楽は、こういう緊急化では「不要」な側に分類されるという事。

世の中を必要と不要なものに分類するというのも怖い。
自分の仕事を不要なものと認めるのもあまり愉快なものではない。でも、事の重大さは理解しています。だから予定していた先週末の営業も自粛して断腸の思いで店を閉めました。これで3月の営業は3日間。
この週末の自粛要請では、かなりの飲食店や娯楽施設がお店や施設を閉めたと聞きます。皆本当に大変なはず。

お国や自治体の長も、報道機関も、「不要の」という言葉を連発しますが、そう言われる側に立つ人の心を踏みにじっている、とは言えないだろうか。

「外出の自粛を要請する」で何がいけないのか。「不要な」と曖昧な表現を頭につけたことが、かえって皆の行動を混乱させる事になったのではないか。結果、収束を遅らせてきたとは言えないか。「不要な」という言葉こそが不要。
だいたいウィルスの前には必要な外出も不要な外出も関係ない。

休業しないまでも、この時期に送別会やら歓迎会やらがなくなって大変な思いをしている店は沢山あります。飲食業でこの時期に丸々営業が潰れたらやっていけるわけがない。
これだけ宴会がキャンセルされて、個人客向けのサービスを充実させたり、テイクアウトを始めたり、いろいろ工夫して準備して、そして結局、外出自粛要請。
最後まで自力でなんとかしようと考えて行動していた人ほど心が折れたでしょう。営業的にも一番こたえたはず。

ありがたい事に、苦境に立つ飲食業、サービス業の損失について、声を上げてくださる方もいます。本当にありがたい事です。もう個人ではやれる事はありません。あと2、3度は外出自粛が出るようなので、そうなったら個人店ではもう余力はない。収束後にジャンプする力もない。

そもそも、これだけ圧力のかかる状況を人為的に生み出しておきながら、その職業を選んだそちら側の「自己責任」ではもう通らんだろ。

「不要な」と言い続けたのは、受け取る側に判断させるためか。補償問題にならないようにか。自らの保身を考えてか。後々疑念が出るような事は結局損をする。
そもそもリーダーの言葉に強い意志が感じられなければ、誰も言う事なんて聞かない。結果は出ない。

この先、再度出されるであろう要請を素直に受け入れられるか。もっと言えば、今後起こりうるであろう有事の際に、皆がリーダーの言う事を素直に聞くことが出来るか。
問題はもうコロナとは別のところにある。

たから補償ちょうだい(笑)
休む前に、大体こういう時は、最初に素直に従った人から馬鹿を見ると言うことになりがち、と言いました。今がまさにそう。もうだいぶ休んじゃいましたよ。
この先、より強制力の強い外出禁止で封じ込めとかが出たら…。
自粛したまま…閉店ガラガラ(笑)

後のことは何とかするから、とりあえずみんな「休む!」と言ってくれた方が、世の中もコロナも丸く収まるような気もするが。お金はチマチマ使っても効果はない…と思いますが。


3月はこのまま休業です。
4月の営業日はその都度インスタにてご案内します。
4月12日迄は自粛気味ですが、開けないとお店の機能が成り立たなくなるので、少しは開けます。
突然の営業、突然の休業が出てくると思います。Instagramのフォローよろしくお願い申し上げます。

ご予定は立てにくいとは思いますが、皆様のご予定に偶然合う事があれば時々お顔を見せて下されば有り難く思います。くれぐれもご無理はなさらずに。

不要なものなので…。

更新日時:2020-03-30 21:48:34

200319 今年の営業。GWの営業。

先ずは、こんな状況でも、少ない営業日を目指してわざわざお越しいただいていること、心より感謝申し上げます。誠にありがとうございます。

まだまだ先が見えない状況です。胃が痛くなることが続きます。天然氷が採れない、というだけでもかなり大きなビハインドなのに、それを埋める手筈もまだ整っていないのに、焦りにさらに不安が覆い被さる心境です。

もう、今年は打つ手がないです。営業自体がちゃんとできるのか?催事はちゃんと行われるのか?
今年はもうひたすら守りしかないです。

今年は一年を通して不定休とさせていただきます。
そして雨なら急に臨時休業もあります。

まぁ、昔はかき氷屋の商いなんてそれが常識でした。この商いにはこの方法が一番理にかなっているのだと思います。それをどこかのかき氷屋さんが一年を通してやっていくなんて言い出したところから変になったとも言えます(笑)

今までで一番こだわってきたことは、器の中だけでなく、商いのスタイルを変えること。こちらがリスクを抱え込んでもスタンダードを変えるということでした。そしてそれは定着してきたと思います。
でも今はがしょうがない。命を守る行動は、かき氷屋への原点回帰です。
夏ごろになって今よりコロナが収まっていたら、雨で「臨時休業です」と急に言ったら、きっとその時は怒られるでしょう。でもしょうがない。評判よりも店を守ること。いにしえの方はみんなそうして生きてきたのね。

ということで、4月になってもGW前は未だ世間の騒動も収まらないでしょうから間引きで営業いたします。
営業、臨時休業共にインスタにてご確認ください。
また、営業中も電話に出られない状況の時が多くなるかもしれません。こちらからの急な情報の発信はインスタになります。アカウントkohori_noanでフォローをお願いいたします。埜庵のマスコット「ペコリちゃん」が登場するときは急なご連絡の時です。よろしくお願い申し上げます。

そしてもう一つ。GWの営業について。

4月28日から5月5日は藤沢さいか屋さんで営業をいたします。このような時に「催事なんていいのか!」というご意見もあろうかと思います。埜庵としては主催者側の決定にしたがって動きます。何かあったら突然の変更、中止もあろうかと思います。

この先は現実的にお店を動かしていくことを考えなくてはいけません。コロナに向き合い、お客さまのより安全を考慮して、さらにお店の存続も考えて。どうすることが最善か。
特に直近で考えなくてはいけないのが、お客様がいっときだけ集中するゴールデンウィーク。お店より広いスペースを確保していただけるさいか屋さんの方が、お店より安全であると判断しました。

催事の是非はともかくとして、そもそも気にする方はお越しにならない。お越しいただく方に少しでも安全に、と考えた時にはどうするべきなのか。
今回は、以前と同じスペースに、席の間隔をあけて大幅に席数を減らしてレイアウトです。以前の62席から30席くらいにしていきます。真夏に比べればお客さまも少ないですし、かなりゆったりとしたスペースになります。

また、皆様への安心も配慮して、器類はワンウェイ、テイクアウト容器を使用します。お盆・スプーンはお店と同じものを使いますが、気になる方のためにはプラのスプーンもご用意いたします。
そして皆様へのお願いとして、召し上がり終わった食器類は所定の場所に返却していただく、という形をとろうと思います。

さいか屋さんには今回も多大なるご協力を賜ることとなってしまいました。皆様に絶対来てね!とは言えない状況ですが、皆様をお迎えするにあたって、やれることは最大限努力してまいります。メニューとしても、免疫力を上げる系のもの主体で考えています。

うつむいてしまう出来事ばかりの昨今ですが、桜の花も開きつつあります。目線も自然に上に向きます。花をめでる余裕をもって、一歩先に進みます。

埜庵のかき氷。器の中にも「桜」が咲いています。
も、免疫力を上げる系のもの主体

更新日時:2020-03-29 21:11:10

埜庵 Kohori-Noan

営業時間 11:00 - 18:00
ラストオーダー17:00
(氷がなくなり次第終了)
定休日 不定休
雨天時等臨時休業あり
電話番号 0466-33-2500
繁忙時は電話に出られない時もあります。

kohori_noan Instagram

社員候補(社保完備)学生アルバイトさんを募集中です。ご希望の方は下記アドレスにご連絡ください。詳しくご案内させていただきます。

2020年は天然氷がほとんど採氷できませんでした。お店での営業時は純氷利用です。

お店がお休みの間の、仕事、取材のご依頼等は、kishiduki3214@gmail.com
までご連絡をお願いいたします。折り返しご連絡させていただきます。

駐車場のご用意はありません。付近のコインパーキングをご利用ください。
公民館の駐車場は絶対にご利用にならないようお願い申し上げます。

ペットご同伴でのご入場はお断りしています。申し訳ございません。