190212 会員証付き回数券のご案内 中段以下

水道と電気の工事も次の営業に間に合うようです。2月は15・16・17・22・23・24日営業です。27日水曜日も臨時営業です。

お食事は「味噌煮込みうどん」。2月いっぱいです。

ただ今のかき氷。「たまごとみるくとばにら」「アポロ11」「白酒」。白酒の上の千鳥飾りはなくなります。あたらしく「ココナッツきんかん」。ココナッツ練乳氷の上に金柑のシロップ煮と別添えに金柑シトラス蜜。ココナッツ練乳は普通の練乳にもチェンジ可能です。そして最後に金看板「Wいちご」。
冬には冬の… 「かき氷」。


9日土曜日は小雪の舞う今年一番の寒い一日。こんな日に「かき氷なんてやる意味あんのかな」と思いながらお店に向かいました。
いつも開店直後はうどんの注文が大挙して入ります。こんな寒い日ですから尚更です。一息ついた頃、突然1階厨房の照明がダウン。蛍光灯が切れたか。この家が建った頃のものなので、この際照明器具ごと取り換えようと取り外してみたところ、なんか照明が濡れている。「なんで?」と思って点検口を開けてみたところ屋根裏が水浸し。原因は2階の水回りからの漏水。

2階厨房の水道と1階厨房の証明電気工事がいっぺんに。「チ~ン!」
しかもしばらく厨房の電気がつかない。当分はスポットランプでしのがなくてはいけません。水漏につき臨時休業にしようかと思いましたが、こんな寒い日にもかかわらずお客さんが来てくれる。昔から雪の時はお客さまが少なくない。心配してきてくださる方が多いから。ありがたい事です。いつも皆様に助けられています。今までもずっと助けられています。

次の日曜日も朝からお客さまが沢山。待合のテントにストーブを入れてはいますが、そのテントにも入れない方が出るほど。かなり寒い日です。とても申し訳なく思います。
商いですから沢山のお客さまに来ていただきたいのはやまやまです。そのためにいろいろ考えてやってきている訳ですが、会員証、回数券、新しい季節限定氷、五種根菜の鍋焼きうどん、とちょっと重なりすぎてしまいました。すみません。

先ほども申し上げた通り、かき氷屋にとって冬の集客はとても大事な課題です。でも沢山呼べばよいというものでもない。冬には冬のかき氷屋の在り方があります。冬にも食べたい人の楽しみが減ってしまっては一年中かき氷をやっている意味がなくなってしまいます。ちょっと煽った形になってしまって反省します。「五種根菜の鍋焼きうどん」を終了します。うどんの注文が減るのでお客さまのご案内がスムーズになって、外待ちの時間もかなり改善されると思います。



2018年度の回数券の使用期限が迫っています。ほとんどの方がご使用済みの状態ですが、まだ何名かご利用しきれていない方がいらっしゃいます。冬季間、不安定な営業でご迷惑をお掛けしているので、期限を2月末から3月末まで延長いたします。また、紛失等で券がお手元にない方でも、こちらに使用記録がございます。ご来店時にスタッフにお声がけ下さい。

2019年版会員証付き回数券が発売中です。
会員証。正直言えば始まりは真冬の集客が目的。鵠沼での3年目。一般の方であふれかえる夏が終わった頃に、入れ替わるように集まってきてくださる方が増えてきたころでした。それ以来、今年で12年目。会員証は、その年の干支にちなんだ動物がカードのどこかに隠れていますが、最初の発行がネズミ年。つまりは今年で干支が一回り。

イメージキャラクターのKAKICOちゃんは今年で成人式を迎えました。皆さんが必要としてくださったおかげで、この長い間、続けてくることができました。ありがとうございます。
ということで、今年でKAKICOちゃんは一旦卒業となります。今年の会員証自体には全く特典がありません。8月の夜埜庵もありません。ただの記念カードでしかありません。申し訳ございません。

2019年度の回数券ですが、昨年までと同様6枚つづりで5000円。1枚970円分なので、総額5820円分ご利用いただけます。埜庵に何回も来てくださっている方にはお得な回数券です。10月に消費税率の見直しがあった際には1枚が990円分になるので、最大は5940円分使えると言う事になります。かなりお得です。ご家族、お友達と共用もできます。
お買い求めいただいた方が、ほぼ毎年使い切るので、正直埜庵としてあまりうま味はないですし、枚数を売るのが目的ではないです。ただ、最近の傾向として、すべての物資が値上がり傾向にあるので、かき氷の価格も上昇傾向にあります。何回も足を運んでくださる方のご負担を少しでも緩和出来たら、という目的で始まった回数券です。おひとり当たりの購入制限はないですが、例年通り、夏に百貨店出店があったり、採氷期間中は営業日が少なくなるので、後で「使い切れなかった!」と文句を言うような方ははじめから買わないでください。あまりに無理でしょう!という方はSTOPかけます。期限は2020年2月最終営業日です。

毎年の事ですが、枚数に限りがあります。初回購入の方のみ使用履歴のチェックができるカードなので、万が一紛失、ご自宅に忘れてきたというときでも対応できるようになっています。お買い求めのご予定がある方は、なるべく初回のご購入をおすすめいたします。

会員証全種類欲しいという方が沢山おられるので、ただ今作家のせきやあきこが12枚組記念ポストカードを作成中です。予約制になります。詳細わかりましたらまたご連絡申し上げます。

更新日時:2019-02-13 20:20:56

190205 ひと月遅れの あけましておめでとうございます

採氷作業は今もまだ続いておりますが、僕たちの部分はとりあえず終了。今年も夏に使わせていただく分は滞りなく蔵の中に入りました。これで…

あけましておめでとうございます

いつも申し訳なく思うのが、全然役に立ってもいないのに、いつも三ツ星さんにいろいろご配慮いただく事。作業に行けば旅館に泊めていただくし、日当も頂きます。夜は皆で食事をつつきながらちょっと晩酌。店主同士の新年会がわりです。一般的には新年会ですが、作業が終わらないと新年ではないので、忘年会でしょうか(笑)

恒例になっている、作業終わりの日帰り温泉は軽いお疲れ様会になります。僕が店主グループの中で一番歳上なので、打ち上げのお財布の役目は自分ですが、結局は三ツ星さんからの日当を使わせていただいています。

勿論、「怪我なく済んで良かったね」とか「今年はいい氷だね」とかの話をしますが、正直腹の探り合いもあるし、本当のこと教えて!みたいな駆け引きもあります。後になって、「あいつそんな事言ってなかったよな!」みたいな事がほとんどなので、情報戦としては全然意味がない会です(笑)
といいながらも、一年一度の生の意見交換なので、そんな会が続いているのも三ツ星さんのおかげだと心から感謝しています。勿論、採氷量が少ない時などは、いっぱい使う私たちで「何割か落とそう」といった話もします。基本真面目な店主会です。

今年は僕がインフルエンザにかかって採氷を欠席したので、作業終わりの会も一回しかありませんでした。いただいた日当も使いきらなかったので、今年は自分の為に使わせて頂きました。

実はインフルの後にギックリ腰になりました。どうにもならないので、初めて湯治というものに行きました。ちょっと前だと、湯治なんて「ジジくさっ!」と思っていましたが、初湯治、ハマります。

今回は群馬の湯宿温泉金田屋さんという所にお世話になりました。何年か前に旅行雑誌で見て気になっていたところ。大正の終わりに若山牧水がふらっと立ち寄ったとか… つまり古い。

と言っても殆どは戦後の建物ですからトイレにウォシュレットもついているくらい。と言っても新しくて設備がなんでもあるよ、と言うほどでもない。素人のプチ湯治入門者にはちょうど良い。難点といえば、梁が低いので、トイレ、食堂、部屋と何回も頭をぶつけました(笑)

食事も野菜中心で全部手作り。若い人には物足りないかもしれないけど、目的はあくまで湯治。何日か続けるとお腹の中からもビュティー。

私の部屋からは温泉街の一番大きい外湯が見えました。ここの温泉の特徴は温泉街に四つも外湯があるところ。この規模の温泉街で四つは異例の多さ。本来は地域の方のもの。宿泊者も使えますが、志の100円程度を募金箱に入れます。大きくもないし、贅沢でもないけど、ちゃんと掃除も行き届いて清潔。勿論四湯制覇。

お風呂は熱めの湯で地元の爺さん達はやたらとフレンドリーです。年を重ねて思うのは、こういう年配の方と話しをするのに、自分もちょうど良い年齢になってきたと言う事。裸の付き合いで地元の情報もいっぱい聞けます。今回も野菜の直売所の話や、実はこの辺りはヨーグルト製造が盛んというような話も。こんな時くらい仕事は忘れて…とも思うのですが、やはりこれはどこまで言っても離れられないもの。

この日のお客さんは僕の他に女性が一人。晩御飯の後はご主人が淹れてくれた珈琲で三人でお話をさせていただきました。
この女性の方がまたとても凄いかた。女手一つで神戸で半世紀あまりもしゃぶしゃぶのお店を切り盛りしてきたとか。今は店を譲って東京に住んでいます。お言葉全てに含蓄があります。

しゃぶしゃぶですから、季節が僕と反対。冬はいいけど夏はしんどい、が普通。自分が何万回と聞かれてきたことを敢えて聞いてみます。

「夏はつらくないですか?」「そういう時に来てくださる方が本当のお客さま。」
「しゃぶしゃぶ以外はやろうと思わなかったんですか?」「欲張って増やしても、何かが出なくなるだけ。」
「急に来なくなる人とか…不安になりませんか?」「そういう人はいる!と思っていればよい。」

この年になると、今更聞けない…みたいなことも多い。この際とばかりに質問の連続です。背筋を伸ばしてうかがいます。姿勢が固まってせっかくよくなった腰には絶対に良くない(笑)
それでも、この一言の深さはやったものしかわからない。夏の客さんのくだりは心に沁みます。季節こそ違えど私もまったく同じ。思わず皆さんの顔が頭に浮かびました。そう、今、ここをを読んでくださっている皆さんです。最近はインスタメインに移っていく方も多く… やっぱりメインはこっちです!

先日神戸の震災のドラマに感動したばかりだったので、そんな話もお聞きました。
震災の時は店を新しくして一年ほど。めちゃめちゃになったお店を前に途方にくれた、という辛い話もしてくださいました。神戸の震災というと必ず出てくるビルの倒れた映像。お店があったのは、あの場所から一筋しか入ってないところ。建物の倒壊は免れたものの、半年営業が出来なかったらしい。そういう事も乗り切ってきたと言う強さと風格があります。店主としての格が違う。

「あなた、どうせ温泉きても、お店の事が頭から離れないんでしょ。努力するより夢中になる方が大事。だからそれでいいの…」
今回の湯治は身体だけでなく、心も健康になったような気がします。

携帯も所々入らない。デジタルデトックス、と思いきや部屋でWi-Fiは入る(笑)
この私が、今回は一度もテレビを見ない。見直すのは自分。何もしない贅沢。

「何もしなかったあとは、ものすごく動きたくなるもの…。」
震災をくぐってきた人の言葉は思い。
この週末は頑張って「うどん」作ります…って、うどん屋じゃねぇ(笑)11日建国記念日営業です。醤油味鍋焼きは11日まで。

更新日時:2019-02-12 22:39:42

190117 Bridge

1月の営業は 20・25・26・27日です。2月も金土日曜日が営業です。

今日19日土曜日は三ツ星さんで三つ目、一番下の池を切っています。
でも僕はインフルエンザで寝ています。世の中では大流行とか言われていますが、普段、通勤で電車に乗る事もないですし、人混みに行くこともないので、正直ニュースも人ごと。予防注射もしたし、気をつけてはいたのですが。

愛用の手鉤に、ラケット用のグリップテープを買ってきて、もっと使い勝手が良いようにと持ち手の部分を改良して。もう何年も使っているのに、急に思いたってそんな事をしたらこのザマです。

いつも作業の前は、「行きたくないなぁ〜」などと言っていても、いざ、その場に立ち会えないとなると、とても寂しいというか、悔しい。自分が見ていない氷がそこにある。初めてだからね、こういうの。
まだ、動けないのが第一回目の作業前じゃなくて良かったです。そもそも今回で終わりではないし、とにかく今は謹慎します。

《追記》
三日月氷菓の池田君から「店主会の大将が倒れたから今回は全員戦力外、召集なしです。」とメールが来ました。三ツ星さんもそれが理由ではないでしょうが、いつもこちらに気をかけて下さいます。池田君もそういうメールをくれる心がある男です。感謝します。

三ツ星さんは、親方をはじめ70代の方がガンガンに氷を切って池の上をキビキビと動いています。お二人の息子さんのお仲間も40代と言えどもみんな学生の頃から来ているので、もうキャリア20年以上。僕がこの前インスタで「猫の手」と書きましたが、皆の名誉の為に補足すると、僕らが何人いても猫の手にしかならないくらい三ツ星さんは体制がしっかり整っているという事です。つまりは生半可な気持ちなら手伝いなんか来なくて良いよ、という事。
事実新しいところはまず呼ばれない。手伝い行ってると言えたら少しは格好つくかな…くらいでは現場には立たせてもらえない。日当をもらって、泊るところも用意してもらって、保険もかけていただいて。役に立たなかったらただの迷惑者。だからみんな一生懸命身体を動かす。その先の事は考えない。とにかく今この時ここにいることの意味の為に、頭の中身は全部委ねて、とにかく身体のみを動かす。
何年か通うと経験が積まれます。でもその経験は決して蔵元衆のそれには届くことはない。逆に慣れることによって気持ちが緩みます。そんな奴もいらない。経験を重ねても、毎年、初めての時のような前向きで謙虚な気持ちで氷に乗れ、という事です。一年に一度、圧倒的に小僧に戻る機会があるというのは貴重なこと。
そんな中、この時期インフルなんて、まちがいなく戦力外通告候補ナンバーワンです。
とにかく謹慎します。


家からは出られないし、家族がいる時は部屋からも出られない。みんながいなくなって居間でテレビでも見ようと思ったら、溜まった録画リストの中に自分では予約していないドラマがありました。こんな時じゃなかったら見ていなかったかもしれない。

カンテレ開局60周年特別ドラマ、「Bridge」を見ました。ドラマはもちろん素晴らしい。感動です。泣きます。なかでも焼き鳥屋の主人役で出ていた小市慢太郎さんが素敵すぎます。この方、昔から好きな俳優さんの一人でしたが、今回でもうLoveです。もちろん変な意味ではないです(笑)

昔の大河で長野業正という武将を演じられていて、それが彼を知った最初だと思います。小市さんも長野業正も印象に残りました。歴史が好きな方の僕でも当時は知らない武将でしたが、それがきっかけで好きになって居城見学にまで行きました。

「この店の借金返し終わったの去年や。ヒリヒリしながら銭勘定した事もあった。やっと終わった、ようやく済んだ。これで楽になったと思った矢先の…」

もう涙なくして見られません。こちとら借金終わってないどころか増えてるし。

「店、続けます!」「迷てたんや。でも迷うことなかった。あんたらの今のその顔、それが答えやった。」「おおきに!ほんまに…おおきに!」。

建設現場の方に小市さんが焼き鳥を振る舞った場面でのセリフです。この時の作業員の方にとって、食べた焼き鳥は格別に美味かったと思います。
主人の心からの感謝のせりふ。お客さまに心からこのセリフを言うには自分の中にちょっとでも邪念や迷いがあったら言えません。そういうのを飛び越えて、お客様からとびきりの思いを頂いて。そういう気持ちが己の中に入ってきた時にしか…
「心から言わせてくれや!」とこれはうちのお客さんに投げ返す(笑)

「人のためやったら手を抜ける。己ばかりは裏切れへん。自身にひたすら真面目たれ。」「いまだに訳がわからんわ」

自分もその場にいたかのように思わず笑いが出ました。引き込まれました。

何のために続けているのか?儲けるのが目的ならとっくにやめています。続けていく事に悩みを感じたらこのドラマを見ます。こんな職業をしているから共感した部分もあるのかと思います。インフルエンザで弱っているから余計に効いたのかもしれません。本当に良いドラマでした。

小市慢太郎さん。名優です。必ずしもいつも作品の芯にばかりいる役者さんではない。それでも、彼の存在が作品全体をワンランクもツーランクも押しあげる。そういうチカラのある方。存在として学びたい方。

その他にも井浦新さんの「早いんじゃない、早くしているんだ。」
そうだよ、そうだ。

松尾諭さんの「悔しいくらい丁寧や。こういう力は見えてなかった。」「いつか僕らの仕事掘り起こして妬む後輩おったらええな。ほんで、そいつらに言うたんねん。悔しいやろ言うて、ざまあみろ、言うたんねん。」
わかるやつおるやろか?

セリフ一つ一つに涙がこぼれて… やっぱり心が弱ってます。でもここは自分の記録用でもあるので。いつかここを読み返して初心に戻ります。いや、16年目でも初心を忘れないでいようと思っていた自分を思いかえして、更に初心を思い出す。

もうすぐ家族が帰ってくる時間なので私は隔離部屋に帰ります。

最後に、改めて犠牲となられた方々の御冥福をお祈りいたしますとともに、御遺族の皆様方に心よりお悔やみを申し上げます。

更新日時:2019-01-19 21:22:43

190109 13・14日(日祝)15・16・17日お休みです。

三ツ星氷室天然氷の採氷作業が始まります。13日~17日はお休みです。


1月の営業は金・土・日曜日。18・19・20・25・26・27日です。
いよいよ来週から天然氷の採氷作業が始まります。よほどのことがない限り、僕が留守でも上記の日程はお店はOPENしています。

ただ今のかき氷は「Wいちご」「白酒」「Apollo11」。

お食事は「かき氷屋さんの味噌煮込みうどん」。


自分の本を読み直しています。昔の事が思い出されてきます。思い出したくないことも思いだされます(笑)

2005年に鎌倉から今の鵠沼に移転してきた時は、先ず存在を知っていただかなくてはいけないので、とにかくいろいろなことをやりました。ランチも4種類くらいありました。お陰様で近くの公民館に集まる奥さま方にご利用いただいて結構賑やかでした。

そのうちランチのお客様だらけになって、まったく席が動かない、となりました。せっかく来ていただいたかき氷の方の席がない。いつあくかもわからない。
やがてその日はやってきます。お店はお客さまでいっぱいなのに、逆に一杯もかき氷が出ない…。
そこを境にランチを辞める決心をしました。そこからしばらくは本当に辛い日が続きましたが、今思えば正解だったと思います。

そんな経緯があっての今のお食事メニューです。自分でもなんで味噌煮込みうどんなのかよくわからない。それこそ、カレーもピラフもオムライスも、珍しいところでにゅう麺も。数あるメニューの中から残ったのが、ナポリタンとカレーうどんと味噌煮込みうどんです。決して味噌煮込みうどんがやりたかった訳ではありません。

昨年の秋に北海道に行った際に、北海道で一番最初にアイスクリームを製造したと言われているパーラーに行きました。冬の間の名物として、なんと鍋焼きうどんが。思わず頼んでしまいました。100年以上続く老舗がたどり着いたカタチと同じ。やっていたことは間違いなかったと、うどんを食べながら涙ぐむ(笑)
冷たいものの反対側で何をしたらよいのか。きっとこういう商いをする方はいろいろ悩んで試すのだと思います。誰かがやっているから、というより、いろいろ試した結果、それが残った。何をやるのが正解じゃなくて、それぞれのお店にとって、それがより正解に近かったと言う事でしょう。

さて、そんな味噌煮込みうどんですが、今年は例年よりも爆発しています。年末年始はかなりの待ち時間をいただく事になってしまいました。冒頭の文章に矛盾しますが、だいたい一巡はしたと思うので、今後は落ち着いてくると思われます。ご迷惑をお掛けした皆様にはお詫び申し上げます。

作り手として、お召し上がりいただく皆様から「美味しい」の一言をいただきたい、というのはごく普通の事です。そのためにやっている、と言っても過言ではない。そのための努力はしているつもりです。肉団子なんかどれだけ手間をかけて作っているか。何回も改良を繰り返して。しかも休みを返上して皆に集まってもらってまでして仕込んでいます。

今年は麺と味噌ダレも変えました。最初の頃はお手本を本場名古屋のものにしていましたが、お客さんの様子を見ながらだんだんとオリジナルに変えて、今年は更にいじりました。もう完全なる埜庵オリジナル味噌ダレ。これでダメでも「あとは知らん!」てなもんです。

味噌煮込みうどんに魂を込めて… ちがぁう!違う!

今、仕込みのほとんどを「味噌煮込みうどん」に費やしています。
と、そこまで頑張っているのに皆様から頂くお言葉は…。「いやぁ~、鍋焼き美味しかった」。電話を取ると「鍋焼きまだありますか?」。

だから、ちがぁう!違う。味噌煮込みうどんじゃ!

いや、ちがぁう!違うのはそこじゃない。わしゃかき氷屋じゃ!

かき氷は一杯ずつしか作れないし、削りには作り手の個性が出るので、僕は多店舗には向かないと思います。だからこれだけやってきても、大きくすることをしなかった。
でも味噌煮込みはオペレーションを均一化しやすい。こっちの方が多店舗とかできんじゃね。FCだって通販だって。うどんの方が…。

だから、ちがぁう!違う…ってば。しつこい(笑)

今年に関してはこのカタチを崩すことはないです。もうこれで行くしか方法はない。少なくとも、こんなに皆さんが喜んでくださっているので、待ち時間が長くなってしまうからといって、全くやめてしまうという訳にもいかない。とにかく一巡はしたので、この先の注文も待ち時間も少なくはなるでしょう。

何度も言います。勘違いしてはいけない。「美味しい」と言われるのは、こんな店で出している割には…と言う事を。専門店としてガチな評価をいただくなら、せいぜい「並」。コスパが他よりいいかも…くらい。
とは言いながら、これ以上を追求すると、もう、うどんを自分で打っていくしかない。これ以上ブラッシュアップするには、厨房の設備など、ハード面をいじらないと、もう無理。

このままかき氷屋のサイドメニューで行くのか。スピンオフして、皆の評価をガチで受けながらもうどん屋として独り立ちさせるのか… 皆さんにもお聞きしながら今後を考えていかなくてはいけません。さて、どうしたものか…。 かき氷かうどんか…。

考えるまでもない。それはもちろん答えは…

更新日時:2019-01-12 21:41:32

埜庵 Kohori-Noan

営業時間 11:00 - 18:00
ラストオーダー17:00
(氷がなくなり次第終了)
定休日 月曜日 火曜日
(10月から3月は不定休)
電話番号 0466-33-2500

社員候補・学生アルバイトさん募集中です。ご希望の方は電話かメールでご連絡下さい。詳しくご案内させていただきます。

埜庵で使わせていただいている氷は、日光・三ツ星氷室さんの天然氷です。

ご応募、仕事の依頼等と合わせて、お店がお休みの時は kohorinoan2003@gmail.com にご連絡をお願いいたします。

埜庵には駐車場のご用意がございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。自転車の方は市営の駐輪場(100円)にお願いいたします。
公民館の駐車場には停めないようにお願い申し上げます。

ペット同伴でのご来店はお断り申し上げております。申し訳ございません。