最新の更新は ⇓ 下です。

梅雨明けまでは週4日営業。営業日はその都度インスタにてご案内です。
次の営業は7月5.9.10.11.12日。木金土日曜日です。

営業時間は1時間短縮の16時ラストオーダーです。今シーズンは16時ラストオーダー固定です。

長距離を移動して来られる方がそこまで多くはありません。比較的お店は空いていますが、外待ちの方が増えたときは整理券をお配りいたします。

移動制限で県境が跨げなかった方、こちらにうつすといけないから我慢してくださっていた方、ともにお気遣いありがとうございます。今暫くは不定期営業ですが再開です。営業日はその都度インスタでご案内します。それ以外、かき氷の情報などもあります。よろしければフォローお願いいたします。

密な空間を作らないために席数を減らして入店制限をします。1組45分以内でお願いしています。安全な空間の保持に気をつけますが、皆さんもマスク着用の上ご来店をお願いいたします。
店内へのご案内を制限すると外が密になってしまいます。混雑時は整理券を配布します。券を取っていただいた後、指定のお時間にお戻りください。

ご利用にあたっては一つ下の 「安全への取り組みについて」 をご覧の上ご協力をお願いいたします。
暫く最新の更新については一番下に置かせていただきます。



再開しております!


といっても明らかに自粛前と同じ埜庵ではないです。ここで倒産させずに再開できたのは、重い荷物を自ら背負い込んだから。残念ながら昨年までと同じようにお店を運営する体力は残っていません。

本来なら、目の前に迫ってきた夏に向けて新人スタッフをトレーニングしている時期。もう育成する時間もありません。その前に雇い入れる余裕もありません。
社員3人と僅かなパートさんと家族だけのこの少ないメンバーだけで営業します。

行列の整理や整理券をお配りするといった厨房外の事に充分なスタッフを割くことは出来ません。
厨房の中も今までのように削り機を何台も並べることも出きません。

もう大丈夫だよ!と言われても全員が全員すぐに立ち上がれるわけではない。
出来る事は今までの何分の一。お金もマンパワーも何分の一。
今までやってきたことの全てを守れないのなら、最後まで大事にするものは飲食店ならそれは「味」。
ただ、それと引き換えに置いていくものの大きさを考えると、再開する事に恐怖を覚えたりもします。
お店が開けられる時をあんなに心待ちにしていたはずなのに…。

自分達に力がない事で皆様にご迷惑をお掛けする事が多々出てきてしまうと思います。電話すら受ける事もできない。

叱られる事の一つ一つを来年以降の糧にして、以前にも増して皆様に喜んでいただける埜庵に育てていく決心をしました。今年はひたすら耐える年。

何卒、今はご容赦願いたく、よろしくお願い申し上げます。

更新日時:2020-07-05 07:18:02

安全への取り組みについて

お店を開けた場合の対策として。

安全への対策として一番効果的と言われている事。「密」な状態を作らないために一日のご案内人数を制限させていただいております。

① 席数を大幅に減らしているため入店人数を完全管理させていただきます。時間差でご案内させていただきます。外待ちのお客様が増えた場合は整理券にて対応させていただきます。
② 1組の人数は最大4人まで。今はグループでのご来店はご遠慮ください。
③ お店の滞在時間は1組45分を目安でお願いいたします。

そこそこの面積はあるので人数制限で密な状況はある程度回避できます。

店内での対策として

④ オーダーカウンターに飛沫防止のフィルムを張り直接の接触を防止します。
⑤ 器、別添えシロップ用ピッチャーは使い捨てのプラカップを使用します。
⑥ 味の部分に関わるのでスプーンとお盆はいつもの物を使いますが、基本その日のうちに同じ物は使いません。終了後完全消毒致します。希望の方にはプラスプーンをご用意いたします。
⑦ 室内は換気のしやすい状況を保つため窓は開放です。暖かい格好でお越しください。
⑧ 補助的機能として、広く病院や老人施設で使われる次亜塩素酸空間除菌を施します。
⑨ いつもの番号カードを含め、お客様の手に触れるものはその都度アルコール除菌を行います。
⑩ スタッフは常に健康チェックを心掛け、マスク着用の上ご案内させていただきます。お客様に置かれましてもマスク着用の上、健康管理に気を付けてご来店をお願いいたします。

気の緩みが指摘されております。お客様の安全な空間の確保はもちろんの事、しばらくの間は人数制限をとらせていただいております。

ルールかマナーかは飲食店経営者にとっては永遠のテーマです。今はお店とお客様、お客様同士だけでなく、ご近所の様への不安を除いていくこともお店としての課題です。ルールで縛るのではなく皆様のご協力をお願いいたします。

更新日時:2020-06-19 11:49:36

200625 かき氷屋の親父の長い独り言 1

世の中はだんだんと普段の生活に戻りつつあります。ちょっと前の騒動はなんだったの?と思う節もあります。いつまでもくよくよせずに前を向いて、と言うと聞こえは良いが、本当のところは早く忘れたいと言う気持ちもあるのでしょうか。

そんな中でも多くのお店同様、埜庵でもコロナ対策を施して、お客様に少しでも安心してお越しいただけるよう対策に取り組んでおります。
とは言っても、アルコールによる手指の消毒やマスク着用についてはお客様次第。どこまで言って良いものやら。どこまで続けたら良いものやら。悩みが尽きません。今はお願いするのみです。

もちろん大手のようにハード面から改良と言う事には限界があります。小さいなりに出来る事を、という事です。
ただ、感染を第一に考えた時に一番効果的と思われる密な状態にしないという事に関しては真摯に取り組んでおります。
具体的には、席を減らし店内への入場制限をしています。この時期ですから、混雑時は整理券をお配りする事になっていますが、配布枚数は昨年までの半分にしています。
つまりご案内人数は例年の半分。コロナ対策としてはこれが一番効果的だと思います。

もっとも、「湘南に来ないで」キャンペーンが功をそうして観光の方は本当に少ない。遠くからの旅行の方外国の方は皆無なので、来られる方そのものが例年よりは少ない状況ではあります。とは言えこちら側ではじめから自ら売り上げを半分に設定している訳なので本当に笑い事ではありません。

恨めしさを込めてまた言わせていただきます。二月の末に自粛を始めた時「始めに素直に言う事聞いた人がだいたいバカを見る事になる」と言いましたが、まったくその通りでした。

今も国や自治体は掛け声だけは大きくて、本音と建前なのか、カタチだけは対策しています!とりあえずこちらは言っています!があふれています。とりあえず馬鹿正直に人数は半分にしてご案内していますが、その割にあまりにも見返りはないものです。見返りもいりませんしすべきではないと思っていますが。
それよりもサービスを受ける側が人それぞれなのが気になります。注意すると凄い目で睨む様な人さえいます。でも言うんですけどね笑
これでは気を抜くなと言われてもね。すぐ元に戻っちゃいますよ。

正直この3か月、来る日も来る日も朝から晩まで不要のものと言われ、圧力をかけ続けられたにも関わらず経営は自己責任と言われ、自粛警察という訳のわからん正義とやらを振りかざされ。国や自治体は守ってくれるどころか全力で僕らの生存権を奪いにきていたのですから、この先いったい何を信じてやっていけば良いのでしょう。正直メンタル下がりっぱなしの人間不信です。

このホームページの冒頭では「電話にも出られない…」としおらしく弱々しさをアピールしていますが、全く効果はありません。週末などはジャンジャン電話が鳴りまくりです。

やっていますか?駐車場ありますか?場所どこですか?
今かけているスマホで調べろよ。

今日混みますか?
知らねーよ。未来の事なんてわからんし。あんたより俺の方がずっと知りたいよ。

混んでます!と書けば本来来て欲しい方が遠慮して、結局全くこちら側が出す情報を見てない人が集まるわけで、それでまたその人達に怒られる。

マスクないとダメですか?
いやいやその前に服着て下さいよ。とりあえず家帰ってシャワー浴びてから来て下さい。

もちろんそんな方ばかりじゃないです。
ほとんどの方は本当に良い人です。

かき氷屋の店主は変わり者が多いという声をよく聞きます。みんながみんな最初から変わり者だったわけではないでしょう。店主がおかしいのではなくて、かき氷屋という商売が普通ではないと言う事です。恐らく店主は皆同じ悩みを抱えて同じ様になっていく。だから話の分かる店主どうしつるむようになる。僕は誰とも仲良くないですけどね。

普通の飲食店なら先ず集客、と言う事になるのでしょうけど、かき氷屋だけは一定の時期は集客できちゃうし行列にもなってしまう。キャパオーバーでどうしようもなくなる。それならそこに入る人は、より自分の事を理解してくれる人で集めたくなるのは人情です。
僕は結構お客さんに当たりの強い方ですが、本当はそんな事言いたくないしわざわざ嫌われたくもない。言わなくて済む人ばかりだったら本当に楽です。
しかも今年ほどこちら側からお客さんの数を少なくしなくてはいけないなら、やはり長いお付き合いいただける方にお席を用意した方が良いですよね。

決して自分の力ではないのに行列で話題にもなるし取材も来る。お客さんも増えるしチヤホヤされることが多くなるかもしれません。でもそれは長い時間の中ではだんだんの弱体化に繋がるし、あくまでもかき氷屋だからそんな事があるのであって普通のお店なら有り得ないし成り立ちません。お店も勘違いがあるかもしれません。

かき氷屋の店主は馬鹿ばかりと言う人も、そう言われる様な態度をとる店主も所詮は同じ種類の人間です。
はい!私の事を言っています。

また話が飛んでしまいました。

移動制限もとれて、他の県の店主さんと話をする機会も増えました。正直首都圏以外では三桁に届かないくらいの感染者です。これほどの規制は必要だったのでしょうか?そういう検証は絶対必要でしょう。
全国にこんなに莫大に税金をばら撒く必要もあったのでしょうか?その割にはうちのお店には商店会からのお見舞い金1万円しか来ていないけど。いったいお金は何処に言っているのでしょう?

他の国に比べて圧倒的に少ない罹患者数は、江戸時代の五人組ばりに飲食店を監視するほどの日本人の実直さからくるものだとも思います。
だた、本当に一度かかるとかかりにくいなら、今罹患者が多い国の方が次は流行りにくいと言う事。第二波第三波の時は他の国より日本で猛威を振るうという事もあり得えます。
今は世界中で経済が止まっているから良いものの、もし日本だけで猛威を振るうことになったら今度は日本だけ取り残されて経済的競争力まで根こそぎ奪われてしまいます。本当に警戒しなくてはいけないのはこの後でしょう。

そんな事になったら大変なので、国や自治体の掛け声とは別に、やはり今しばらくはやせ我慢を続けて自粛営業をしておきたいと思います。
この前まで叱られていた自粛警察さんに「何でこんなに待たせるんだよ!」とまた叱られながら。

更新日時:2020-07-06 22:09:41

2

更新日時:2020-07-06 21:58:39

埜庵 Kohori-Noan

営業時間 11:00 - 18:00
ラストオーダー16:00
(氷がなくなり次第終了)
定休日 不定休
雨天時等臨時休業あり
電話番号 0466-33-2500
繁忙時は電話に出られない時もあります。

kohori_noan Instagram

社員候補(社保完備)・パート・アルバイトさんを募集します。詳しくは下記アドレスにてご連絡ください。

埜庵で使用している氷は、三ツ星氷室の天然氷です。

お店がお休みの間の、仕事、取材のご依頼等は、kishiduki3214@gmail.com
までご連絡をお願いいたします。折り返しご連絡させていただきます。

駐車場のご用意はありません。付近のコインパーキングをご利用ください。
公民館の駐車場は絶対にご利用にならないようお願い申し上げます。

ペットご同伴でのご入場はお断りしています。申し訳ございません。