次の営業は6.7日。整理券です。

今週の営業日は6日土曜日.7日日曜日。営業時間は11時から。
OPENと同時に整理券配布です。

移動制限で県境が跨げなかった方、こちらにうつすといけないから我慢してくださっていた方、ともにお気遣いありがとうございます。今暫くは不定期営業ですが再開です。営業日はその都度インスタでご案内します。

密な空間を作らないために席数を減らして入店制限をします。1組45分以内でお願いしています。安全な空間の保持に気をつけますが、皆さんもマスク着用の上ご来店をお願いいたします。
店内へのご案内を制限すると外が密になってしまいます。OPENと同時に整理券配布します。券を取っていただいた後、指定のお時間にお戻りください。

ご利用にあたっては一つ下の 「安全への取り組みについて」 をご覧の上ご協力をお願いいたします。
暫く最新の更新については一番下に置かせていただきます。



再開します!


といっても明らかに自粛前と同じ埜庵ではないです。ここで倒産させずに再開できたのは、重い荷物を背負い込んだから。残念ながら昨年までと同じようにお店を運営する体力は残っていません。

本来なら、目の前に迫ってきた夏に向けて新人スタッフをトレーニングしている時期。今からでは育成する時間もありません。その前に雇い入れる余裕もありません。
社員3人と僅かなパートさんと家族だけのこの少ないメンバーだけで営業します。

ただでさえ振り回される夏の気まぐれな天候に、本当に終わったのかも分からないコロナに、そして必ずやってくる冬の状況を考えた時に、完全に力を放出してしまった埜庵では、今は勝負に出る事は出来ません。むしろ来年再来年を考えて今は耐えます。

行列の整理や整理券をお配りするといった厨房外の事に充分なスタッフを割くことは出来ません。
厨房の中も今までのように削り機を何台も並べることも出きません。

開店以来、味と共に心血を注いできたのがオペレーション。
お店の中と外。残念ながら今年はその二つの両輪を同じに回して行くのは難しい様です。こだわりを捨てるのではなくあきらめる。
今までの埜庵をずっとご利用してくださった方々にはいつも通りに運ばない事があるかもしれない。
自分自身も今まで目指してきた理想とは違うお店を、この夏はずっと見続けなくてはいけない。何度も口惜しい思いをするのでしょう。断腸の思いです。

ウチだけでは無いです。観光業の方は既にGWを潰している。アパレルの方は型落ちの在庫を沢山抱えている。同じ飲食にしても、送別会歓迎会と稼ぎ時を完全に逃しているところも多い。そしてこの先も不透明。自分だけではありません。

もう大丈夫だよ!と言われても全員が全員すぐに立ち上がれるわけではない。
出来る事は今までの何分の一。お金もマンパワーも何分の一。
全てを守れないのなら、最後まで大事にするものは飲食店ならそれは「味」。
ただ、それと引き換えに置いていくものの大きさを考えると、再開する事に恐怖を覚えたりもします。
お店が開けられる時をあんなに心待ちにしていたはずなのに…。

自分達に力がない事で皆様にご迷惑をお掛けする事が多々出てきてしまうと思います。電話すら受ける事もできない。

叱られる事の一つ一つを来年以降の糧にして、以前にも増して皆様に喜んでいただける埜庵に育てていきます。

何卒、今はご容赦願いたく、よろしくお願い申し上げます。

更新日時:2020-06-03 20:50:31

安全への取り組みについて

お店を開けた場合の対策として。

安全への対策として一番効果的と言われている事。「密」な状態を作らないために一日のご案内人数を制限させていただいております。

① 席数を大幅に減らしているため入店人数を完全管理させていただきます。具体的に15分に2組まで。時間差でご案内させていただきます。外待ちのお客様が増えた場合は整理券にて対応させていただきます。
② 1組の人数は最大4人まで。今はグループでのご来店はご遠慮ください。
③ お店の滞在時間は1組45分を目安でお願いいたします。

そこそこの面積はあるのでテーブルを一つ開けることで隣の席との間に2Mの間隔を確保できます。

店内での対策として

④ オーダーカウンターに飛沫防止のフィルムを張り直接の接触を防止します。
⑤ 器、別添えシロップ用ピッチャーは使い捨てのプラカップを使用します。
⑥ 味の部分に関わるのでスプーンとお盆はいつもの物を使いますが、基本その日のうちに同じ物は使いません。終了後完全消毒致します。希望の方にはプラスプーンをご用意いたします。
⑦ 室内は換気のしやすい状況を保つため窓は開放です。暖かい格好でお越しください。
⑧ 補助的機能として、広く病院や老人施設で使われる次亜塩素酸空間除菌を施します。
⑨ いつもの番号カードを含め、お客様の手に触れるものはその都度アルコール除菌を行います。
⑩ スタッフは常に健康チェックを心掛け、マスク着用の上ご案内させていただきます。お客様に置かれましてもマスク着用の上、健康管理に気を付けてご来店をお願いいたします。

気の緩みが指摘されております。お客様の安全な空間の確保はもちろんの事、しばらくの間は人数制限をとらせていただいております。

ルールかマナーかは飲食店経営者にとっては永遠のテーマです。今はお店とお客様、お客様同士だけでなく、ご近所の様への不安を除いていくこともお店としての課題です。ルールで縛るのではなく皆様のご協力をお願いいたします。

更新日時:2020-05-26 19:08:55

更新日時:2020-05-08 13:11:18

このままでは・・・

もともと納得なんてまったくしていないですが、それ以上にこのまま済ませて良いはずがないという気持ちの方が大きいです。

次の冬にまた頭をもたげて来るという事もあるだろうし、感染者が減ってきたからこれで終わりでは済ませられない。
今度また経済活動がストップさせられる事があったら、ウィルスの前にみんなが死滅します。

全てがコロナのせいでは片付けられない。ちゃんと検証する事は絶対に必要。
今は飲食店や旅館業がたくさん潰れて大変!みたいな感じだけど、この後はもっと広範囲に影響が出ます。
お金の動きなら次は何が起きて何が問題になるのか容易に予測がつく。それにも対処出来ないなら予測がつかないウィルスになんて元々相手になろうはずがない。
援助(もないけどね)にこんなに時間がかかって前に進まない現実があるのだから、とにかく猶予でしょう。
本当にみんな潰れますよ。
犯人探しをしようと言うのではなく、コロナが引き起こした事と、人間が引き起こした事はちゃんと分けて検証しましょう。余り時間はないはずです。

そして僕ら飲食店は…
このままで本当にいいのか?
何十年も続けてきた町中華とか洋食屋とか居酒屋とか。特に都心のビジネス街などでみんなの胃袋を支えて来た店などが、このままシャッターを開ける事なく終わる。
その土地で何十年も地元の人に愛されて、夫婦で一生懸命働いて、子供も育て上げて、思い出だって語り尽くせない程詰まったお店が、長いお付き合いのお客様にお別れの機会も与えて貰えないままに消えていくしかない。

何年もお店をしているものにとって、お店は単なる物質ではない。生活だったり人生だったり、その人そのものだったり。
その方の何十年もの人生の最後がそれで良いはずがない。

そしてこの後も倒産廃業閉店は止まらないでしょう。今までは潰れていくお店だけど、これからは潰していくお店。むしろそっちの方が多い。だからもう何やっても止まらないし、そこに税金突っ込んでもしょうがないと思うけど。だから余計に猶予だろう。
ビジネス街や商店街にはもう大手のチェーン店しか残らないよ。

この先、何年か後には今の状況を振り返って、我々人類はどう動いて、どうコロナに打ち勝ったのか、みたいなドキュメンタリーが作られたりもするのか。その影で失われたものの存在に触れる事なく。

戦争の記憶、震災の記憶。世の中には都合の悪い事には蓋をする事で得をする人もいるし、それを利用しようとする人もいる。辛気臭い事は早く忘れて心機一転の方が前向きに聞こえる。みんな正直忘れたいのが本音だろうけど反省すべき人にはそれでは困る。
そこに生きた人がちゃんと記憶し後の世にも伝えていく事。今回は自分にもその役目がある。絶対に忘れない。

そもそもコロナは終わっていない。

更新日時:2020-06-02 21:43:22

埜庵 Kohori-Noan

営業時間 11:00 - 18:00
ラストオーダー17:00
(氷がなくなり次第終了)
定休日 不定休
雨天時等臨時休業あり
電話番号 0466-33-2500
繁忙時は電話に出られない時もあります。

kohori_noan Instagram

しばらくの間、休業中です。

埜庵で使用している氷は、三ツ星氷室の天然氷です。

お店がお休みの間の、仕事、取材のご依頼等は、kishiduki3214@gmail.com
までご連絡をお願いいたします。折り返しご連絡させていただきます。

駐車場のご用意はありません。付近のコインパーキングをご利用ください。
公民館の駐車場は絶対にご利用にならないようお願い申し上げます。

ペットご同伴でのご入場はお断りしています。申し訳ございません。