Topics お店からのお知らせ

160621 イベント出店の告知

只今のかき氷「Wパイナップル」「生めろん」「マンゴー」です。

今年はどうやら世界的に史上最強の猛暑らしい。アメリカデスバレーで52度。まさに死の谷。
暑くなるのは悪くないとはいえ、先週末のように一日の中、昨日今日の天気の具合でとても気温差が生まれやすい。美味しく召し上がっていただくのに実はこれが一番の敵。お客さんが体調を壊しやすい。だいたいが、並ぶという行為自体が危険になります。

昨年のエルニーニョが終わるという時点で、「次の夏はこんな感じ」みたいな予測は有りました。熱中症だけでなく、交通事故などの心配も絶えません。
そんな状況でも暑くなるにしたがってお客さんは増える。反比例して常連さんは減る。並んで、待ってまで食べない。それでも「夏は来ない!」というお客さんも「やっぱ暑い時食べると美味しいなぁ」と本音を漏らす。
「夏になると食べられないかき氷」ってどうなの?という思いがここ何年も常にありました。

「何かおかしい」「何かがおかしい」

今の埜庵なら夏に何もしないのが一番リスクがない。お客さんは集まってきてくださっているし。でも、整理券対応になると、朝一に取りに来られる方でお客さまが固まってしまいます。遠くからわざわざ目指して来ていただく方にはお召し上がりいただけない。
移転も多店舗も《今のところ》は考えていないので、やはり遠方の方にはお届けできません。でも自分から行けたらどうだろう。昨年から、百貨店さんに出させていただきながら、新しいカタチを探していました。

夏にお店を閉めるのは、経営的にリスク以外の何も存在しません。でも、僕やうちのスタッフで作らないと同じ質感が保てない。パラレルでの営業は残念ながら今のうちにはできません。
何もわざわざマージンをお支払いしてまで出ていく必要もありませんが、出させていただく事で、夏に諦めていた方に少しでもお届けできる可能性は広がります。並んでいただくと、埜庵の場合は見た目の行列の長さの割にはそこまでの待ち時間にはなりません。並びたくない人は並ばないので、実は行列も一定以上の長さにもなりません。熱中症、交通事故の危険もありません。時間内に並んでいただければ、整理券のように「ごめんなさい」もありません。ここでの行列は怖くない。

同じものを安全にお出しするには、スタッフ以外に厨房、ストックヤードと設備が整っているのが最低条件です。僕にしてもお店以上にお客さまをご案内出来ないと経営的に成り立たないので、席数も45~60席ほど必要です。かなりのスペースと経費(笑)物凄く高いリクエストを出している自覚はあります。呼んでいただく百貨店さんもリスク満載です。
数字的には「やらない」以上の効果が絶対にでてこない夏の催事出店。お客さんに来ていただかなければ僕も間違いなくお店を潰します。百貨店の担当者も、まぁ何らかのペナルティはあるでしょうね(笑)

でも、少なくとも今回の3回のイベントを重ねることでノウハウは固定しますし、効果測定もできます。ちゃんと結果が残せれば、より地方に出ていくことも可能だと考えています。
郊外のショッピングセンターにお客さまを奪われている駅前の百貨店…みたいな。なんかガイヤの夜明け的な感じがしますが、お互いのニーズも合いそうだし、スタッフのやりがいも高まるし、また、かき氷の新しいマーケットも作れます。いつもの妄想ばかりが広がる(笑)
何より埜庵までは遠くてなかなか来られない人のそばにも行けるし、三ツ星さんの天然氷をより多くの味わっていただくこともできます。
他の事に注意を割かれず、自分も厨房の中に入れるというのもイベント出店の大きな理由ですかね。削っているだけで喜んでもらえる(笑)

ということを、ぜ~んぶ可能にするには、ちゃんと依頼主との間で、《仕事として成立する》というのが大前提。
今回は、まただいぶ高いハードルになっちゃったので頑張りますし、頑張らせてください。ということで2か月毎の「来なさい」カード、早めに予告しておきます。宜しくお願い致します。

7月20日から7月26日 藤沢さいか屋 湘南ライフスタイルフェア
8月31日から9月5日  横浜高島屋 神奈川名産展
9月14日から9月19日 新宿高島屋 美味コレクション

さいか屋さんと横浜高島屋さんの間は鵠沼にて完全整理券配布の営業になります。
(回数券をお買い求めいただいた方には8月の一定期間、夕方に専用の時間を設ける予定です。回数券の販売、お引換は終了しています。)


夏に休むかき氷屋。コケたらサヨウナラ…です(笑)

更新日時:2016-06-25 12:38:49

160614 直近のご報告

「生めろん」始まっています。「Wパイナップル」「いちご」とフルーツのかき氷のいろどりがとても綺麗な時期になりました。

「湘南イートチャリティ」が終わったこの前の週末11日12日。天気が良かったことも有り、お店はそれなりの混雑。それでも2週にわたるイベントで、皆がどこかで顔を出しているからか、覚悟はしておりましたが、知っている方がほとんどいない。土曜日なんて3組くらいでしょうか。皆さまはっきりしておりますなぁ(笑)逆に言えば本当に律儀。

おかげで、と言う訳ではないですが、整理券を出すことなく、うまい具合に1日を過ごすことが出来ました。OPEN直後は満席になって動かないタイミングがあるのでどうしても1時間ほどの待ち時間をいただいてしまうのですが、それを乗り切った13時以降は10分ほどで入れる時もありました。最初さえ我慢できれば、何も混乱なく過ごせます。スタッフも何とか間に合って、ようやく夏を迎える体制が整いました。

多少混乱があるとすれば最近は外国の方が増えたこと。レンタカーのワゴンで乗り付けるグループの方もいらっしゃいます。
「日本語か英語が話せる方いますか?」「…。」どうやら両方ともだめらしい。
その後、英語でスタッフが話しかけると、ちゃんと会話が成立している。日本語がわからないだけだったのね(笑)
外のご案内&ガードマンの職を奪われたら、もはや行き場所がなくなってしまいます。失業の危機を感じています(笑)

梅雨入りをしたようで、本格的に夏突入です。
この冬の事を覚えている方なんて少ないと思います。そういう私もあまり覚えていないのですが、一つだけ強烈に体にしみこんでいる記憶が昨年末の雪かき。日曜日の営業終わりと共に秋山君三木君と一緒に日光に入り、一晩中雪かきをして夕方の4時くらいまでず~っと寝ないで雪かき。
その後も採氷に至るまで何回かの大雪小雪。そんな蔵元や携わる人々の苦労の上に、埜庵の氷は有ります。

それでも例年に比べると採氷量も思ったほど上がらず、今年は絶対に足りなくなるという危機も。三日月さん、ひみつ堂さんと共に、僕ら沢山使う者が何割下げるか、とか、倉庫を共有するとか、一定期間一緒にイベントをするとか、いろいろ話し合ったりもしました。結局は親方の「心配しなくていいよ」の一言で全てが幕引きされました。本当にありがたい。預けていただいている氷は大事にしなくてはいけません。

とは言いながらも、やはり数には限りがあるので、今年は14年目にして初めて夏に計画的に営業をと心がけております(笑)初めての方にも沢山届きますように。
内容は今度ご報告させていただきます。

更新日時:2016-06-16 16:33:25

160607 湘南イートーチャリティの結果ご報告

湘南イートチャリティ、おかげさまを持ちまして無事に終了いたしました。
西瓜が126杯×250円=31500円、メロン292杯×50円=14600円、合計46100円を義援金として皆様からお預かりいたしました。お約束通り、埜庵から同額の46100円と合わせて92200円を湘南イートチャリティ埜庵分として、熊本市熊本地震災害義援金基金に寄付させていただきます。

最初は10数軒でのスタートが、最終的には80軒超の大きな動きになりました。皆が一同に集まれるようなことはなくとも、地域の料理人さんたちが共通の目的をもって、日々の仕事に一味違ったアクションが加えられたこと、とてもいい刺激になりました。

僕としても、正直あまり上手に出来ないので避けていた西瓜氷を、まる4年ぶりに手を動かしながら、忘れていたことを思いだしつつ、新しい発見がありつつ、それでも上手に出来なくて、「美味しくない」と言われる恐怖と闘いつつ、の毎日でしたが、被害にあわれた方々に、地域で同じ仕事をする者同士の連帯感や具体的な寄付金とか、新たに生まれてくるものが目に見えると、新しいことに躊躇していたり、小さなプライドをかばっていたり、ばかりではいけないなと思いました。
リーダーの鎌倉ランティミテの山内さんをはじめ、事務局の方々にはとてもご苦労があったことと思います。仲間に加えていただいて本当にありがとうございました。

と言いながらも、西瓜は終了。当分やらない(笑)
大玉3個が余ったのですが、「俺の目の前から即刻消してくれ!」とばかりに、毎年皆様のご好意から寄付を続けている神奈川県の養護施設さんにお米一俵と共に届けてきました。ことらも合わせてご報告させていただきます。

このチャリティ期間中は、見知った顔の方に数多くご来店いただきました。この前見たのは横浜そごう。みんな、もうなんかないと来ないということね。2か月間隔くらいがちょうどいいのでしょうか(笑)
ということで、この夏はそれくらいのスパンで「来なさい!」カードを切らせていただきます。込み合う中に無理して鵠沼まで来て、多くの時間を消費しなくても良いようにと考えております。その際は、またよろしくお願い申し上げます。


夏に向けてのスタッフさんを大募集中です。土日に入れる学生さん、フリーターの方。夏の間しっかり働いて、冬はスキー、スノボ、海外なんて働き方もOKです。詳しくはお電話お願いいたします。
お休みの間はお電話はつながりません。申し訳ございません。

回数券の引き換え期限が迫っています。5月いっぱいでのお引換をお願いしておりましたが、臨時休業などもありましたので、6月12日までにお引換えくださればと思います。期限後もご連絡がないものについては、他の購入希望者様に振替させていただきます。
今年の夏は鵠沼海岸の店舗から離れて、何回かイベント出店を予定しております。その際は回数券が使えません。回数券には使用の期限があります。使い切ることが難しいと思う場合は、このまま自動的にキャンセルしていただいて構いません。


更新日時:2016-06-09 05:59:26

160520 今週末ではなく、来週のお話です。

月・火曜日が定休日です。

GWが終わったので、改めて夏に向けてのスタッフさんを大募集です。土日に入れる学生さん、フリーターの方。夏の間しっかり働いて、冬はスキー、スノボ、海外なんて働き方もOKです。詳しくはお電話お願いいたします。
お休みの間はお電話はつながりません。申し訳ございません。


「西瓜」のかき氷。何故か人気があります。人気があるならやればいいじゃない!という話なのですが、正直、僕的にはあまり好きではない。
もともとが水分の塊みたいな果物ですから、だいたいからして手の付けどころが少ない。その西瓜が美味しいか美味しくないか。ほとんど切った瞬間でシロップの良し悪しが決まってしまいます。
季節になると、おいしい西瓜の選び方、みたいな番組を目にします。叩いた音とか、緑と黒のラインのコントラストとか。断言できますが、そんなもんではわからない。メロンも西瓜も切ってみなければわかりません。ある意味、素材の味に一番近いかき氷(笑)

やりたくない理由をつらつら言うなら、やらなきゃいいじゃない!という話なのですが、それでもやらなくてはいけない時もある。

隣駅のジェラート屋さんからお電話をいただき、「石附さんも協力してくださいよ!」と簡単に言われたので、「いいよ!」と簡単に答えたら、思ったよりも話がだんだんと大きくなってきて、これは大変(笑)
皆に迷惑をかけないようにしなくては。

「湘南イートチャリティ」。

先の震災で大変な思いをされている方々に、少しでもお役に立てることは。というのは皆さん共通の思いでしょう。湘南の料理人さんたちが、自分たちだからこその支援の方法はないだろうかと考えての今回のチャリティ。
熊本産の食材を使うことで、少しでも生産者の手助けになれば。そのお皿から、それぞれのお店が自分たちに出来ることを考える。

埜庵に出来ることはかき氷を作ることだけ。
ということで、この時期の熊本の果物は…… すいか… すいかかぁ。
メロンもあるから、と思ったのですが、やはりインパクトを考えると… すいかかぁ。
正直、西瓜にはまだほんのちょっとだけど早い。それでもやるしかないでしょうね。理由が理由だけに。でも…すいかかぁ。

ということで5月28日29日の土曜日曜の2日間。すいかの消費具合で6月1日の水曜日を予備日に。28,29日分は金曜日までにお電話をいただければお取り置きいたします。6月1日は前の2日間の様子で何杯作れるのかが変わりますので、当日なくなり次第で終了になります。
1000円程度のかき氷に250円をお客さまにご負担いただき1250円。1杯ごとに埜庵からも同額の250円を寄付に回すので、合計1COINの500円を熊本県に送ります。
一日の数には限りがあります。売り切れの際はご容赦ください。


6月2日から5日の4日間は熊本のアールスメロンのかき氷。1000円程度のかき氷に、お客さまに50円のご負担をいただき、埜庵からも同額の50円を寄付に回して、合計1COINの100円を熊本県に寄付させていただきます。こちらは限定数を設けないので、なるべく切れることが無いよう仕込みます。

お食事をするだけで、熊本の支援につながる「湘南イートチャリティ」。
詳しくは、専用のサイト、Facebookでご確認ください。
皆様のご協力をお願いいたします。

更新日時:2016-05-23 13:17:19

埜庵 Kohori-Noan

営業時間 11:00 - 18:00
ラストオーダー17:00
(氷がなくなり次第終了)
定休日 月曜日 火曜日
(10月から3月は不定休)
電話番号 0466-33-2500

埜庵で使わせていただいている氷は、日光・三ツ星氷室さんの天然氷です。

皆様にお食事をしていただく場所です。衛生管理上、海帰りのお客さまで、砂をお持ちの方はご入店をお断りする場合もございます。何卒ご理解ください。

埜庵には駐車場のご用意がございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。自転車の方は市営の駐輪場(100円)にお願いいたします。
公民館の駐車場には停めないようにお願い申し上げます。

ペット同伴でのご来店はお断り申し上げております。申し訳ございません。

スタッフ随時募集中です。ご連絡お願い致します。



お家でいただく、ごちそうかき氷

お家でいただく、ごちそうかき氷
著者:石附浩太郎
価格:1,050円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


埜庵 かき氷写真募集